秋田・玉川温泉の特徴と評判は

秋田・玉川温泉のHP
7.5
秋田・玉川温泉の特徴と評判は 5点満点中 3.75

POINT

玉川温泉の最大の特徴は、日本国内で珍しい強酸性のPH1.2という泉質にあります。殺菌性が高く、皮膚疾患に大きな効果を発揮するだけでなく、呼吸器系の流れを良くするとも言われています。そして玉川温泉のもう一つの魅力はその湧出量です。沢山の温泉水があふれるということは豊富なミネラルを多分に含んでいるということでもあります。

ラジウム鉱石や火山の硫黄など、自然の恵みをたくさん得るホルミシス効果があるのが、この温泉の特徴です。玉川温泉の歴史は奈良時代にさかのぼる程古く、古来より難病を治めるのに最適な湯治場でした。当時は険しい道のりを山深くまで入らなければ湯治できなかった玉川温泉ですが、現在では道路も整備され、観光地として楽しむこともできます。

クチコミ

  • 玉川温泉に通ってガンが完治した!ということを耳にして、もともとホルミシス療法にとても興味があったので利用してみました。初期ではありますが子宮がんが見つかってしまっていたので薬での治療以外にできることは何でもしたいという思いでした。 温泉から出る放射線の効果によってガン細胞が減少したようで、経過がよくなっているとお医者さんに言われました。私も完治できるはずという希望をもって、今後も利用します。
  • ガンの治療をしている母を玉川温泉に連れていきました。抗がん剤の治療に疲れ、心も身体もぼろぼろの状態でしたので何かないのかとすがる思いで調べて玉川温泉を知りました。がん患者の方が多く訪れるということで実際に行ってみても多くの方が湯治をしていました。 岩盤浴を利用したので、余計に体力が奪われることもなくとてもリラックスできたようです。これからも通わせたいと思います。

岩盤から放出されるラジウムやラドンでがん患者にも効果がある

玉川温泉はその昔爆発した火山の恩恵を受けています。今も活動を続ける焼山は硫黄と豊富なミネラルを玉川温泉に与え続けています。これによって玉川温泉は日本国内でも珍しい強酸性の温泉質を特徴としているのです。この効能が多くの症状に効くホルミシス効果があるとのことで、多くの湯治客が集まる場所でもあります。玉川温泉の源泉は火山岩盤から放出されています。この岩はウランやトリウムといった鉱石で形成されていて、そこを流れる温泉水はラジウムやラドンといった成分を含有します。

こうした温泉に入浴を続けると体内の免疫力や抗体力が向上し、自己治癒力が高まります。アレルギー体質やリウマチの改善に大変効果を発揮するほか、悪性腫瘍などにも免疫力の向上によって効果が期待できるという結果も報告されています。

場所柄、季節によって湯治できない時期がある

玉川温泉は雪深い東北地方、秋田県の山間に存在する温泉地です。そのためどうしても冬期間には立ち入れないという弱みがあります。これほどに温泉効果の高い湯治場ですから、できれば1年間季節を問わず訪れたいと願う方もいるところですが、雪深い地域であるため、危険性も伴います。そのためにどうしても降雪季節には入れず、ホルミシス効果を得ることができません。

降雪時期はその年によっても異なりますが、おおむね例年11月中旬頃から翌年の4月中旬頃までは営業を休止しているところが多数です。そのため玉川温泉への湯治もできません。しかし、玉川温泉の魅力は、こうした期間限定で楽しめるという希少性も伴っていると言っても過言ではないでしょう。

秋田・玉川温泉の総評

国内には様々なにホルミシス効果を発揮する温泉地が存在しています。そして、そのどれもがそれぞれの特徴をもっています。玉川温泉は国内屈指の強酸性の温泉というところが最大の魅力です。古来、爆発した火山というのは多くのパワーを持っていると言われています。そしてその恩恵は温泉という形で私達が受けることができるものです。焼山の爆発によって露出した自然由来のラジウムやラドンといった天然成分は、私たちの身体の細胞を活性化してくれます。これにより巡りが改善され、内側から自己治癒力が向上します。アレルギー体質や関節痛などといった症状は、湯治を繰り返すことで改善されていきます。

そして膠原病や腫瘍など、医師の治療を必要とする症状もこの湯治によって改善したという症例も報告されるほど効果が表れるのです。ただしどういった状態であっても医師による治療を受けている場合には、必ず医師への相談が必須であることを忘れてはいけません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る