ホルミシスルームの特徴と評判は

ホルミシスルームのHP
8.3
ホルミシスルームの特徴と評判は 5点満点中 4.15

POINT

天然鉱石であるウランやトリウムから放出されるラドンガスやラジウムは、放射性物質です。放射性物質ときくと、原子力発電のような強力なものを想像しがちですが、そこまで放射線量が存在しているわけではありません。その量はかなりの微量です。しかしその量が体内に入ると細胞の流れを活性化し、自己治癒力が向上するのです。そしてこの恩恵を受けるためには、ラジウムやラドンガスを含んだ温泉での湯治が一般的です。

しかしこうした温泉地に出向かなくても、近年ではホルミシス効果を得ることができる場所があります。それがホルミシスルームなのです。ラドンガスやラジウムを含んだ鉱石を部屋の壁材として使用し、そこで一定期間くつろぐことで天然鉱石の効果を得ることができるわけです。

クチコミ

  • 最近疲れが溜まって心も身体もとても辛い状態になっていました。以前ラドン含有量の高い温泉に行ってとても効果があったのでまたホルミシス療法を試してみようと思っていましたが、なかなか休みもとれず温泉に行く時間が取れませんでした。 そんな時にホルミシスルームを知り、気軽に行くことができて温泉よりも更にラドン濃度が安定しているということに惹かれて数回利用しました。すると身体も心もすっきりとしてとても快調になりました。また、限界を感じてしまう前に定期的に利用したいです。
  • 気管支炎に悩んでおり、ホルミシス療法にとても興味がありました。温泉などに行くことも考えましたがホルミシスルームでは洋服を着たまま、化粧もしたまま利用することができるということを知り、気軽にできそうだなと利用してみました。 一度行ってみてとてもリラックスできてよかったので回数券を購入して通いました。すると主治医にも驚かれるほど症状が改善しました!まだ回数券も残っていますし、これからも定期的に利用したいです。

温泉よりも安定的にホルミシス効果が期待出来る

ホルミシスルームの特徴は、ラドンガスやラジウム成分を含んだ温泉地に出向かなくてもその効果を得ることができるというところにあります。そもそもラドンガスやラジウム成分を含有する温泉は、火山活動などによって湧出したところに存在しているものです。となると、どうしても場所的に山深い地域になってしまいます。

健康で元気な若い世代なら旅行気分で楽しむことができるでしょう、しかしラドンガスなどのホルミシス効果を得たいのは、比較的年齢も高く、持病を抱えているといった場合の方も多いことでしょう。そうした人たちが気軽に温泉にいくというのはなかなか難しいところでもあります。ホルミシスルームはこうした場所的心配もなく安定的に効果を得ることができるというわけなのです。

一定期間ホルミシスルームを利用しないと効果を得ることが難しい

温泉地に行かなくても手軽に効き目をもたらせてくれるホルミシスルームですが、その一方で弱みもあります。温泉地は裸で入浴したり気化したラジウムを鼻や口の粘膜など呼吸から吸い込むことができ、直接的に成分を体内に取り込みやすいのですが、ホルミシスルームではそれができません。

というよりも、ホルミシスルームは温泉よりも身体に入る濃度が薄い状態であるという方が正しいでしょう。そのために一定期間利用しなければ、体内に効果を発揮できる量を取り入れることができないという弱点があります。ご自宅にホルミシスルームを設置している場合なら良いですが、最寄りの治療院などに出向くという場合でしたら、多少なりとも高価になってしまうことは想定しておかなければなりません。

ホルミシスルームの総評

人間の体内の細胞を活性化させ、血流の流れやバランスを良くすることで、自己治癒力を向上させる効果を発揮するというのが、ラドンガスやラジウム鉱石といったホルミシス療法です。この一般的なものは、ラドン温泉に出向いて一定期間入浴する湯治スタイルでしょう。しかし、温泉まで出向くには距離的問題などがありますし、中には体調面や交通面などから温泉地に行けないという場合もあるでしょう。しかしこうした問題点を解決し、ホルミシス療法を得られるのがホルミシスルームといえます。

遠くの温泉地まで列車や車両に長時間乗るなどの苦労をせずとも、比較的最寄りの治療院などでラジウム鉱石の恩恵を得ることができるわけですから、体調のままならない人には大変ありがたいものではないでしょうか。とはいえその効果を実感できるまでには、ある程度の回数を利用する事が必要になります。利用する上では金銭的に高価になってしまうことも考慮しなければなりません。健康をお金で買うというわけではありませんが、どちらが今の自分により良いものか、充分検討して利用するのが一番良いのではないでしょうか。

この記事をシェアする
TOPへ戻る