肩こりにもホルミシスが効く?

あなたは肩こりに悩まされていませんか?現代病とも言われるほど性別や年齢を問わず非常に多くの人が悩まされ、なかなか治すことが出来ない厄介な疾患です。凝っているところの辛さだけではなく、身体の他の部分にも影響を与えてしまうものですのでとても辛いです。マッサージや投薬など様々な治療法がありますが、その中でもホルミシス効果による治療が近年注目を集めています。実際に肩こりに対してどのような効果があるのか、そもそもの症状の原因や対策についてもまとめていますので、お悩みの方は要チェックです。

肩こりになる原因

そもそも肩こりの症状がでてしまうのにはどのような原因があるのでしょうか。原因としてまず考えられるのは血流の悪さです。女性に多い冷え性もその一部です。血流が悪いということは、肩の周りの血も上手く流れていかないことになりますので老廃物が溜まってしまい結果的に凝りにつながります。夏場は冷房を強くかけていたり、冷たい飲み物や食べ物を口にしたりする機会が増えますのでより注意が必要です。

次に運動不足や筋肉不足です。現代の社会では、意識的に運動をしないとなかなか体を動かす機会というのがありません。そして忙しい毎日を送る方が多いので運動の時間を十分に取るのも難しいです。そのような環境化においては運動不足になり筋肉も落ちていってしまいます。代謝が悪くなって血流悪化にも繋がりますし、肩も周りの筋肉を動かさないことで凝り固まってしまいます。

また、姿勢の悪化も原因であると考えられています。現代社会に住む私達はパソコンやスマートフォンなどを常に見て生活をしています。画面を見る体勢というのはどうしても頭が下がった状態になり、猫背になります。その状態では首や肩の筋肉に負担がかかってしまい、凝りに繋がります。最後に、ストレスも大きな原因と言えます。

よくやる肩こりの対策

では症状を改善するために出来ることとは何なのでしょうか。必要なことは、考えることが出来る原因を取り除くことです。まず運動不足や同じ姿勢で長時間いることが多いということを自覚しているのであれば、筋肉を動かすことを意識します。いきなり運動を始めるというのはハードルが高いかもしれませんが、肩周りや肩甲骨の部分を動かすくらいであれば少しの時間でも簡単に行うことが出来ます。厳しいトレーニングをするというわけではなく、ストレッチをして凝り固まってしまった筋肉を動かすことが重要なのです。

そして常に画面を見ていて姿勢が悪くなっているなと感じるのであれば、一定の時間間隔で画面から目を離して肩甲骨を動かしてみたり、首を回してみたりといった簡単なストレッチを行います。一時的にでも意識的に首をまっすぐにすることが大切です。また、自分の身体が冷えていると感じるのであればお風呂にゆっくり入ったり温かい飲み物や食べ物を取って身体の中から温めていきます。

肩こりに効くホルミシスの例

肩こりの改善のためにホルミシス療法を取り入れるのであれば、様々な方法があります。まずは専用の施設を利用して直接ラドンガスを浴びることです。温泉などに直接行っても良いのですが、なかなか頻繁に行くことは難しいかと思いますので家の近くの施設を手軽に利用するのがおすすめです。

ほかには、ホルミシス効果を期待できる商品を生活の中に取り入れるというのも効果的です。おすすめなのは布団です。通常の羽毛布団のように使用することが出来るのですが、ホルミシスシートが入っていますので身体の中までしっかりと温めることが出来ます。睡眠の質が上がることはもちろん使用を続けることによって、体温を上げることも出来ますので根本的な冷えの解消にも繋がります。

その他にはサポーターなどを利用するという方法もあります。ラジウム鉱石の配合された素材で作られたサポーターを身につけることによって血流の改善や体温の上昇などの効果が期待出来ます。肩こりの改善には冷えを解消すること、血流を良くすることというのがとても重要となりますので、これらは非常に効果的です。

まとめ

肩こりというのは非常に身近な症状でありながら、なかなか改善をすることが出来ずに悩んでいる人のとても大きな疾患です。手軽に自分で出来るストレッチなど様々な改善方法もありますが、より高い効果を望むのであればホルミシス療法を取り入れるということがとてもおすすめの方法です。直接ラドンガスを浴びるという方法だけではなく、同様の効果のある布団やサポーターなど生活の中に取り入れることが出来るものも多く販売されています。そういったものを上手く活用していくことで負担を最小限に抑えながら症状の改善をしていくことが出来ます。

この記事をシェアする
TOPへ戻る