ラジウムボールとは?

何だか最近体調が良くない、お肌の調子が冴えないなど、病気とまでいえないけれど、不調を感じることがありませんか。そんな貴方は新陳代謝が低下している可能性があり、そのままにしておくと思わぬ病気を引き起こすことにもなりかねません。そんな方にオススメなのが、ラジウム温泉やラドン温泉などの温浴治療でも用いられているホルミシス効果を取り入れた健康法です。でも温泉まで行けないという方にはラジウムボールという手があります。このラジウムボールとはホルミシスを自宅でも取り入れることができる便利な健康法なのです。

ラジウムボールとは

自然界には、自発的に放射能をもつ鉱石が存在しています。その放射線は低線量のもので、人体に触れると刺激となります。強い放射線は人体に害を及ぼしますが、弱く低い放射線は刺激となり、人体の細胞の活性化を促してくれるのです。この仕組みを活用しているのがホルミシス効果による健康法です。この健康法として有名なものは温泉浴ですが、秋田県の玉川温泉、鳥取県の三朝温泉などは全国的にもラドン効能の高い温泉として健康になりたい人に大変人気の温泉地です。この温泉に含まれている放射線と同様の効果をもっているものがラジウムボールなのです。ラジウムボールはセラミック製の粘土を焼いた直径8ミリから10ミリ前後の小さな石の玉の形状をしています。自宅のお風呂や寝具の下に置くと、低線量の放射線を放出してくれ、自宅でも手軽にホルミシス効果を得ることができることで、人気を集めつつあります。

マイナスイオンの効果

手軽にホルミシス効果を自宅でも取り入れることができるラジウムボールですが、その効果とはどんなものかとなると、血流の改善や疲労回復が挙げられます。でもどうして血流の改善や、疲労回復の促進ができるのか。それは低線量の放射線が放たれるラジウムにはマイナスイオンが含まれているからなのです。マイナスイオンとは目に見えない程の小さな原子レベルのイオンという物質がマイナスの粒子を引き連れていることです。人の身体は現代社会のストレスや喫煙、生活習慣の乱れなどでプラス粒子を増やしています。プラス粒子が増えると体が酸化し、病気を引き起こしたり、疲れが抜けないなどの症状が現れやすくなります。ラジウムボールはこのマイナスイオンを含むホルミシス効果を持つ石なのですが、マイナスイオンにより酸化しかけた身体を中和され、細胞を動かしやすくしてくれるのです。

遠赤外線の効果

ラジウムボールの効果はこれだけではありません。ホルミシス効果としても有名ですが、遠赤外線の効果によって冷えを防止してくれます。ラジウム温泉でも、しっかりと温泉浴をして芯まで体が温まり、お風呂を出た後も指先までぽかぽかになるのですが、ラジウムボールでも同じ効果を得ることができます。というのもホルミシスの効果は、身体の血流を改善することにあるのですが、血流が改善され身体の隅々まで栄養を含んだ血液が流れやすくなると、毛細血管も活性化します。そうすると今まで血流が届きにくかった指先までしっかりと血液が流れてくれるようになりますから、指先までぽかぽかになるという訳です。温泉浴という方法でなくても、同じ低線量の放射線を含むラジウムボールでも同様の効果を生み出すことができるのです。

まとめ

疲労回復や血流改善、冷えの防止など、身体の隅々まで活性化し、内側から鍛えることができる健康法がホルミシス療法です。そして、そのホルミシスの効果を自宅でも手軽に取り入れることができるのがラジウムボールなのです。そんなラジウムボールですが、そのお値段も100g程度でおおむね2000円前後と比較的リーズナブルです。ただし、国のお墨付きを得た認証マークがあるものか、事前にしっかり確認する必要があります。とはいえ、自宅で手軽に健康になりたいとお考えの方にはおすすめのアイテムですよ。

この記事をシェアする
TOPへ戻る