ラジウム温泉とは?

ラジウム温泉といえば、ラドン温泉と並んで使われる呼び名で、ラドン・ラジウム温泉という使い方も見られるため、ほぼ同じようなイメージがあります。しいて言えばラジウム温泉を名乗るのは大きな温泉郷が多い印象ですが、ラドン温泉とはどう違うのでしょうか。

ここではそもそもラジウム温泉とは何なのか、ラドン温泉との違いやその効能から、首都圏で利用しやすいラジウム温泉の施設まで、ラジウム温泉の定義についてわかりやすく解説します。

ラジウム温泉とは?

温泉に利用されるラドンとラジウムは、元はどちらも同じウラン元素です。ウランは不安定な物質であるため、様々な物質へと変化します。ウランが変化を経て鉱物となったのがラジウムで、それが気体化してラドンになります。入浴施設などでは人工的なラドンガスを混入した浴室をラドン温泉と呼びますが、天然温泉でラジウムの含まれる地層から温泉が湧き出て、お湯に微量のラジウムやトロン、ラドンが混ざる温泉はラジウム温泉と呼ぶことが多いようです。

また微量のラジウムが含まれる鉱石を設置した浴槽もラジウム温泉と呼ばれます。ラジウムはラドンに変化するため、どちらの温泉も基本的な効能は同じですが、天然温泉ではラジウム以外の成分も多く含まれるため、より様々な効能が期待できます。

ラジウム温泉の効能

ラジウムはラドンの元になる鉱物のため、ラジウム温泉にはラドン温泉とほぼ同じホルミシス効果があり、人体の新陳代謝を高めて免疫力や自然治癒力を増進します。身体機能を高めて健康増進になる他、ラジウム温泉に入り続けることで免疫力が上がり、初期の癌が治ったという体験談もあります。

また神経系に働きかける効果があり、動脈硬化症、痛風、胆石症、慢性胆のう炎、婦人病、皮膚病などに効果があります。ラジウムやラドンの溶け込んだ温泉水を飲むことでも効果があり、特に痛風に効く温泉はラジウム、ラドン温泉だけだといわれます。

天然のラジウム温泉は露天風呂など開放的なものが多いため、効能が緩やかでゆったり入浴するのに向いており、リラックス効果で心身とも癒すことができます。

首都圏でラジウム温泉を楽しめるスポット

首都圏で行きやすい天然ラジウム温泉には、山梨県北杜氏の増富温泉があります。増富温泉は増富ラジウム温泉郷ともいわれ、ラジウム含有量の多さでは日本でも有数の温泉です。山梨には他にも、ラジウム源泉に医療用ラドンを加えた甲斐市の湯~とびあなどのラジウム温泉がいくつかあります。

また群馬県の山間、利根郡の奈女沢温泉は釈迦の霊泉として知られ、ラジウム温泉の効能のほか、火傷や外傷にも効果があります。栃木県那須郡の馬頭温泉郷にある小砂温泉は、豊富なラドン湯量を誇る天然温泉です。

茨城県ひたちなか市にある中根温泉は24時間利用可能で、皮膚に関する疾患にも効果があります。他に天然ラジウム温泉ではありませんが、くみ上げた天然水にラジウム鉱石を加えた千葉県松戸市のゆるり松戸。東京都江戸川区のラジウム温泉保養センターなど、人口のラジウム温泉は首都圏にいくつもあります。

まとめ

ラジウムとラドンは元は同じ物質であり、ホルミシス効果で人体によい影響を与えることも同じです。そのためラジウム温泉、ラドン温泉とも効能に大きな違いはありません。ただ、ラドン温泉は人工的なラドンガス発生装置を利用したものが多いのに対し、ラジウム温泉は自然の地層を利用した天然温泉が多い傾向があります。ホルミシス効果が有効な症状で悩んでおられる方は、近場のラジウム天然温泉を探して、湯治をするのもいいのではないでしょうか。

この記事をシェアする
TOPへ戻る