前立腺の肥大はホルミシス治療で直すことが出来る?

前立腺肥大は、年を重ねるごとにその割合が高くなります。50歳ぐらいから徐々に増加しはじめ、60歳で60%、70歳で80%、80歳で90%の男性に見られると言われています。こちらでは前立腺肥大とはどのような病気なのか、症状にはどのようなものがあるのか、ホルミシス治療によって直すことは可能なのかについてご説明します。排尿時のトラブルを抱えているすべての男性に、ぜひ読んでいただきたいと思います。

 

前立腺肥大とは?

前立腺は男性だけに備わった生殖器で、精液の主な成分となる前立腺液を分泌する働きを持っています。場所は膀胱の下にあり、形や大きさもは栗の実ほどです。これが肥大して尿道を圧迫するためにおこるのが前立腺肥大です。
原因は加齢によるホルモンバランスの乱れと考えられています。治療法としては、排尿を促す薬を飲む薬物療法、手術、温熱療法などが挙げられます。症状が軽ければ治療の必要はないと言われていますが、排尿は毎日のことなので辛いと感じる方も多いのではないでしょうか。
また、前立腺肥大と間違えやすい病気に前立腺がんがあります。どちらも排尿障害が起こるため区別しにくいと言われていますが、発生部位に違いがあります。前者は尿道を取り囲む部分で発生するのに対し、後者は尿道から離れた部分で発生します。では、前立腺肥大になるとどのような症状が現れるのでしょうか。

 

前立腺肥大になるとどうなる?

おしっこが出にくくなったり、出るまでに時間がかかったリ、頻尿になったりする症状が見られます。これらの症状は排尿困難と呼ばれています。また、尿が出し切れずに溜まってしまう状態が続くと、尿閉といって尿がほとんど出なくなることもあります。症状は第1期から第3期まで分けられています。
第1期は「膀胱刺激期」と呼ばれ、トイレの回数が増えたり尿の勢いがなくなったりするなどの症状が現れます。第2期は「残尿発生期」と呼ばれ、力まないと尿が出ない、尿の切れが悪い、尿が出るまでに時間がかかるなどの症状が見られます。そして第3期は「慢性閉塞期」と呼ばれ、トイレの回数が明らかに増える、1回の排尿に数分かかるなどの症状が現れます。
診断の際はIPSSと呼ばれる問診票を用います。そのほか、エコー検査や血液検査、直腸診などの様々な検査を行います。ただし、全く自覚症状がない方もいらっしゃいます。

 

前立腺の肥大はホルミシス治療で直すことが出来る?

前立腺肥大はホルモンバランスの乱れが引き起こしますので、ホルモンのバランスを整える効果があるホルミシス治療は、効果が期待できます。実際に患者さんがホルミシス治療を受けたところ、20日ほどで治癒したという結果も報告されています。ただし、日本のホルミシス治療はまだ歴史が浅いため、治癒例が少ないのが現状です。これからさらに多くの治癒報告が待たれます。

 

まとめ

前立腺肥大の症状が進んでいるケースでは手術をしなくてはならない場合もありますが、それ以外のケースであれば、治療法の一つとしてホルミシス治療を考えられるのも良いかと思います。
排尿は毎日のことですから、おしっこが出にくい、時間がかかるなどのトラブルを抱えているとイライラしてしまいますね。自宅ならともかく、会社のトイレでは周りの人の目も気になってしまいます。1回のトイレでスッキリできるように、ホルミシス療法を試されてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
TOPへ戻る