ホルミシスのネックレスはどんな効果がある?

ここでは聞き慣れない「ホルミシス効果」とは?から解説します。そして現代人の多くが抱える慢性的な日々の疲労から解放してくれるという、そんな画期的なアイテム「ホルミシスのネックレス」を詳細に解説しご紹介します。子供から大人まで使用できるというホルミシスのネックレスは、私達の身体にどの様に有益な働きをしてくれるのでしょうか?仕事や勉強に集中できる体調作りを、1本のネックレスから始められるとしたら嬉しい限りですね。

ホルミシス効果とは?

元々「放射線は例え僅かな量でも人体には非常に有害」と誰もが考えていたと思います。しかしナサの医学顧問であったミズーリ大学教授トーマス・D・ラッキー生命科学博士は、10年間に渡り「人体への放射線の影響を」を調べ続け、1982年に「微量の放射線は生命にとって有益」という見解を示しました。ホルミシスとはギリシャ語で「刺激する」という意で、よって「放射線ホルミシス」と名付けられました。

人間は元来、生まれてからズッと大気中の自然放射線を浴びて育ちます。その量が「しきい値」という限界線の量に達しない限りは、安全である所か人体に刺激を与え、身体を活性化させる、という事なのです。その効果は「微生物や細菌に対しての免疫機能向上」「体の活性化」「病気の治癒力向上」「若々しく保つ」などが挙げられ、総じてこれらを「ホルミシス効果」と呼びます。

ホルミシスのネックレスはどんな効果がある?

様々なホルミシスのネックレスがありますが「マイナスイオン」や「ラジウム温泉効果」などと組み合わせての相乗効果を謳う工夫が成されています。本来のホルミシス効果のネックレス自体は「免疫機能の活性化」や「自然治癒力の向上」がメインであり、それにより「DNA修復促進」「老化抑制効果」なども大いに期待できる所です。

症状で言いますと「肩、首、背中の凝り」「手足の冷え」「眼精疲労」「肌荒れ」などを血行促進により改善できます。また血行促進される事で毒素を排出できますので「肌荒れ」以上の「美肌効果」といった更に上を目指す事も可能だとされています。ただし、これは使用年月の長短にもよりましょう。相乗効果を期待できるネックレスでは更に、子供の「アトピー性皮膚炎」や「自律神経の調整作用」への効果もあるそうです。

ホルミシスのネックレスの例

ホルミシスのネックレスを2点程紹介します。

(http://hormesis.mmi-g.com/)こちらは天然のモナズ石を使用したシリコンチューブ製の「ホルミシス・ネックレス」を販売しています。モナズ石は微量の放射線を発し首周りを温め血行を促進します。チューブの中には天然鉱石配合のセラミックボールを160個も封入。色は5色で長さは50センチ、価格は7600円です。

(http://i-i-mono.com/?pid=48360013)こちらは医療特許を取得した黒曜石を主原料に天然鉱石100パーセント使用の「ヒールズプラス」ネックレスを販売しています。マイナスイオンとの組み合わせで血行促進はもちろん自律神経調整やアトピー性皮膚炎にも効果があります。組紐で布製。色は10色で長さは50~54センチ、受注生産であり価格は9720円です。

まとめ

放射線が悪者でしかなかった時代を経てラドン温泉やネックレスでの「ホルミシス効果」による治療が、世界中で気軽に受けられる様になった事は本当に喜ぶべき事だと思います。元々自然界にあった放射線ですが、なるべく浴びない方が健康に良いとされていた頃は、なんと勿体ない時代だったのかと改めて思う次第です。

イランでもドイツでもラドン(微弱放射線)が高濃度に出る地方では、がん患者は圧倒的に少ないそうです。日本でも秋田の玉川温泉や鳥取の三朝温泉は難病治療等で有名だそうです。直接、秋田や鳥取に行く事が難しい方は、まずはネックレスで試してみるのも良いのではないでしょうか。

この記事をシェアする
TOPへ戻る