ホルミシス治療で肝硬変も治すことができるの?

肝硬変は肝臓病の最終地点で、昔は末期がんと同じような扱いだった時期もあります。今では早期発見、治療が可能になり、診断されても必ずしも死に直結する病気ではなくなりつつあります。その治療法のひとつとして、ホルミシス治療が注目されているのです。具体的にはどういった治療になるのでしょうか。今回は、まずは肝硬変について詳しく見ていき、そしてホルミシス治療を実践しているクリニックについてもご紹介していきたいと思います。

肝硬変とは?

肝硬変とは、慢性肝炎が進行し、 肝臓が小さく、そして硬くなった状態を指します。日本ではこの病気を患っているのは約40万人にもなると言われており、実は身近な病気でもあるのです。原因は様々ですが、ウイルス性肝炎やアルコール性の肝障害、自己免疫性肝炎といったあらゆる慢性肝疾患が挙げられます。そしてこれらの慢性肝炎が進行した最終地点が、肝硬変と呼ばれる状態なのです。

現在では、早期発見によって治療も可能とされていています。大切なこととしては、日常生活療養と定期検査だということです。日常生活療養とは、症状にもよりますが、適度な運動、塩分控えめで三度の食事、飲酒を避けるなどがあります。

そしてこのような基本の治療に、ホルミシス治療を加えると高い効果が期待できるということなのです。

肝硬変の主な症状と放置するとどうなる?

肝硬変が死に直結する病ではなくとも、この病気の怖いところは、合併症があるという点です。肝不全・静脈瘤・肝がんといった、いずれも生命の危険を伴う病気です。いずれの場合も、肝臓の機能が低下するということが大きな原因だと考えられます。

3つの大きな合併症の中でも、特に近年では、肺がんへと進行するケースが最も多くなってきているようです。その背景には、肝不全や静脈瘤の治療法が大きく前進している一方、「がん」の治療についてはまだまだ発展途上ということがあるでしょう。

また、C型肝炎にともなう肝がんの増加も一因として挙げられるようです。合併症予防をするためにも、定期的な検診と、症状に合わせた治療が必要となってくるでしょう。その治療にホルミシスによる治療効果も期待できるということであれば、ぜひ取り入れてみたいものですよね。

東京で肝硬変に効くホルミシス治療ができるクリニック

東京で、肝硬変に効くホルミシス治療を行っているクリニックをご紹介しておきますね。まずは大田区蒲田にある「蒲田よしのクリニック」です。ラドン温浴の設備があり、他の治療と併用することで、効果を高めることを推奨しています。継続的にラドン温浴を利用しながら、他の治療を進めていくことで相乗効果が得られるということです。

「一般社団法人ホルミシス臨床研究会」の認証を得ていて、治療効果の高さだけでなく、安全面や衛生面においても安心です。もうひとつは、中央区八丁堀にある「鶴見クリニック」です。ホルミシスが出る「コスモシート」、「HSPドーム」、「湯の花マット」といった医療用具を用いた治療を積極的に行っています。

完全予約制で、ひとりの診察時間に1~2時間かけて懇切丁寧な診察をしているというのも特筆すべき点でしょう。

まとめ

肝硬変とホルミシス治療について、ご紹介してきました。前向きな治療を進めていけば、治療も十分可能な病気となってきているようです。日常生活療養に定期検査、さらにホルミシス治療も取り入れてみてはいかがでしょうか。

もちろん効果のほどはその人によって違いますし、症状によっても変わってくるでしょう。しかし、どのような病気でも基本となるのは体質改善という点にあると思われます。

だとすれば、ホルミシス効果によって体内環境を整えるのは少なからず治療にプラスに働くと考えられるのではないでしょうか。

この記事をシェアする
TOPへ戻る