ホルミシスも治療の1つである温熱療法(ハイパーサーミア)とは?

癌は不治の病と言われてきましたが、最近の医療の発達は目覚ましく癌の早期発見で「不治の病」を治療可能な病気にまで持ってきました。そして更に温熱療法(ハイパーサーミア)を以てして癌細胞の死滅まで可能になり、更に放射線や抗癌剤との併用で進行癌や再発癌の腫瘍縮小等も有効的に実現できるに至っています。

何と言っても患者にとって嬉しい事は、副作用の軽減により療養生活をより快適に送る事ができるという点ではないでしょうか。

温熱療法(ハイパーサーミア)の原理

ハイパーサーミアとは、サーモトロンという大型の電子レンジの様な機械を使い、高周波を加え、体温を上昇させて癌細胞を死滅させる治療法を言います。人の細胞は43度以上で急速に死滅してしまうそうです。この原理を利用し、熱に弱い癌細胞のみの温度を上昇させて死滅させます。何故、癌細胞は熱に弱いのかと言えば…正常の細胞の場合、温められると隅々まで行き渡った毛細血管が拡張し、血液を大量に流す事により熱を運び去ってしまいます。

ところが癌細胞の血管は急速にできた為、未熟で隅々までありません。結果、温められオーバーヒートして、耐えきれずに死滅してしまうと言う事です。ハイパーサーミアは、基本的に白血病以外の癌には効果があるそうです。ですが表面の癌(リンパ節、乳がん、甲状腺等)には非常に効果が高く、深部の癌に関しては単独よりも他の治療との併用が良い様です。

温熱療法(ハイパーサーミア)の治療効果

ハイパーサーミアでからだを温めると、免疫細胞は明らかに活性化し、免疫力は一段と高まります。免疫力が高まれば、癌細胞を自らの力で排除しようとする働きも高まる訳です。また、免疫機能が高まる事で食欲が出て来て、体力が回復する事にもつながります。しかも多くが副作用を伴う癌治療と違い、ハイパーサーミアは副作用がほとんど無い為、疼痛も緩和されると言う事です。

温熱療法により免疫機能を高め、自己の自然治癒力を強化する点でホルミシス効果の活用と同じ原理である事が分かります。ただハイパーサーミアの場合は、癌を明確に標的とし癌細胞を狙い撃って死滅させるという、完全な医療行為という点で違いがあります。方法を含め、患者の目的と程度の違いです。体温が1度上昇することで基礎代謝は12パーセントもアップするので、温熱は大切と言えるでしょう。

ほかの治療と組み合わせると効率が向上する

放射線治療との併用は、放射線抵抗性の癌、例えば黒色腫などにも非常に有効であると言う事です。前述した深部の癌にも、相乗効果により高い有効性があるそうです。元々血管が乏しくて、更に大きくなってしまった癌は放射線単独では十分な治療効果が得られ難いので、オーバーヒートを利用したハイパーサーミアを併用する事で有効性を高められます。

また薬剤との併用は、癌組織への抗癌剤の取り込みが通常の数倍も高まるので、薬剤の効果を非常に高めます。その上、薬剤量が半分から3分の1程度で済む為、薬剤の副作用も飛躍的に軽減でき、結果として身体への負担も減らせるので療養中の生活の質がグンと向上するのです。それぞれの医療機関の工夫により、上手に組み合わせる事で進行癌や再発癌の腫瘍の縮小、消失も得られるそうです。

まとめ

今や癌は2人に1人の時代です。そうなると多くの人が療養生活を送らなくてはなりません。その療養生活が辛いものではなく、疼痛が緩和され、食欲も増進し、故に体力の回復が得られ、気分の良い生活を送る事ができる、と云う事が望ましいと思います。温熱治療・ハイパーサーミアはそれらを叶える画期的な治療法です。

更に各医療機関や医師の工夫や研究に於き、放射線や抗癌剤と上手に組み合わせる事で癌を克服する事も、もはや夢ではなくなって来ている様です。こういった知識がいずれ万人周知の事となり、癌が「チョッと風邪をひいちゃった」位の気軽に申告できる病気になる日も、そう遠くからずやって来るのではと思います。

この記事をシェアする
TOPへ戻る