ホルミシスはうつに効果あり?ストレス解消の因果関係を紹介

ホルミシスは、体の細胞を若返らせる優れた効果を持っており、脳が原因で様々な症状を引き起こすうつにもとても効果的です。ストレス社会である現代、うつは社会問題化しています。ホルミシスの驚きの効果を知って、病気やストレスを解消し、元気で活力に溢れた毎日を送りましょう。ホルミシスの健康効果やうつとストレスの関係性、そしてうつとストレスへ有効なホルミシスの効果についてわかりやすく解説します。

ホルミシスには健康効果もあり?

ホルミシスには美容効果があることが有名ですが、実は健康にも大きな効果があることがわかっています。体調を崩したり病気がちになったりしてしまうのは、人の体の免疫細胞など、人間作組織作っている細胞がダメージを受けたり劣化したりしてしまうこと原因です。ホルミシスには、細胞を若返らせ、活性化させ元気にさせる効果があります。この効果は、薬を飲んで病原菌を退治したり、運動をして体力を付けたりするよりももっと根本的な健康改善への近道となります。

最近ではガンにも有効である可能性が示唆され始め、その効果の医学への有効利用が注目されています。新陳代謝を高めてくれるので、体の中の毒素を排出するのにも一役買ってくれ、体内に悪いものが滞ってしまうのを改善してくれるという効き目もあります。また、身体細胞を活性化させることで、免疫細胞も元気になるので、自然治癒力がアップし、それが自律神経を整えることにも繋がります。

病気など体の不調の原因と言われている活性酵素は、ストレスの多い現代社会で、食品添加物を多く含んだ食事をする私たちの体内でどんどん膨れ上がり、細胞を傷つけ、私たちから元気を奪います。しかしホルミシスはその活性酵素を抑制して私たちの体をなんとか元気に維持しようと頑張っている抗酸化酵素の働きまで活性化させてくれるので、根本的な元気の源を生み出してくれるのです。

うつとストレスの関係性

現代病ともいわれるうつは、ストレスと大きな関わり合いがあります。人は強い不安や負担を感じると、気分が塞ぎ込みます。甲状腺機能が低下し、抑うつ状態になったり、激しい自己嫌悪や自己肯定感の低下、自殺願望までもあらわれるようになります。

ストレスは目に見えるものではなく、病気のように菌という形もありませんが、人は確かに恐怖・不安・負担・苦痛を受けることで、細胞のたんぱく質の正しい働きに異常が現れ、細胞機能低下から、人が本来生きるのに必要な気力や気持ちなどをつかさどる脳にまで影響を及ぼし、心理的だけでなく身体的にもダメージを受けることがさまざまな研究結果から分かっています。そのため、人がストレスのせいでうつを誘発されるということは、明らかな事実であることが医学的にも認知されています。

うつ病になると、原因となる精神的・肉体的負担を取り除くほかは、抗精神薬といって脳に働きかけ抑うつや気分低下、希死念慮を引き起こす脳をだましてしまうしかないと考えられています。しかしながら向精神薬は脳をはじめ臓器への負担が非常に大きな薬です。日々新たな精神薬が開発されていますが、過去には服薬した精神薬の副作用が原因で大病をわずらったり命を落とすという事件も問題視されました。薬は一時的なその場しのぎの対策にしかならないという見方もあります。

かといってストレスの一切を自分の周りから排除することは、社会の中の一人として生きていく上では不可能です。人間は孤独にも不安を感じ、疲労にも負担を感じ、痛みにも恐怖を感じ、そして空虚にも苦痛を感じます。恐怖や不安や負担を全く感じない生活は、建設的に考えても無理というのが実情です。そしてその不安や負担や苦痛が原因となるうつ病もまた、負担や苦痛や不安の一切をゼロにすることが難しいのと同様に、防ぐことが非常に難しい病気となっているのです。うつとストレスはもはや一つの線で一直線につながっています。

ホルミシスはうつやストレスに効果的

そんなうつとストレスに、ホルミシスは非常に有効です。ホルミシスは、ギリシャ語の活性化させるという意味を表すホルミアンを語源としています。その名の通り、細胞を活性化させ、さらにはその副作用的効果で老化を遅らせたり、免疫細胞を元気にさせて病気に負けない強い体にしてくれる優れた効果があります。これは、ストレスによって傷つきダメージをうけた細胞にも有効です。

うつは現代病であり社会問題化しているにもかかわらず、完治しない病気でもあります。病気が引っ込んで症状が出ていないでも、それは寛解と呼び、いつ再発してもおかしくないが今はなんとか落ち着いている、という状態までにしか落とし込めないのです。それは、うつに原因となるウイルスがあるわけではないため、抗体をつくることもできず、いつ細胞がストレスからまたダメージを受けて症状を発してもおかしくないからです。

そんな中で、ホルミシスは細胞そのものを活性化させ、細胞のダメージが深刻になりうつの症状を発生させる前に、細胞を修復してくれるのです。最も手軽にホルミシス効果を得られるのが、ラドン温泉に入ることです。ラドン温泉とは、ラドン222の濃度が74ベクレル以上あり、ラジウム塩基が1Lあたり10のマイナス8乗グラム以上含まれる温泉の事を指しています。ラドン温泉はホルミシス効果が得られることから万病の湯という別名を持つほどです。長時間湯につかるだけで、こわばった体が次第にほぐれ、細胞の活性化や修復が始まり、湯から出るころには気持ちがすっきりしています。

うつの診断が下ったり、最近ストレスを感じるなと自覚をしたら、ラドン温泉に入ってホルミシス効果を得ることで、うつの症状を緩和しストレスを解消し、落ち込んだ気持ちや疲れ切った心身を回復に向かわせることが可能です。つらい、悲しい、やる気が出ない、何もかも疲れた、夜眠れない、突然情緒不安定になる、些細なことで涙が出る、無気力になる、といったうつの症状も、ラドン温泉に入ったり岩盤浴に入ったりすることで、驚くほど改善の兆しを得ることができます。もちろん、薬の一切を辞めてホルミシス効果に頼るというのは極端な考えではありますが、医師の支えを受けながら、自分でできるうつ対策・ストレス対策として、ホルミシスを有効利用するのが非常におすすめです。

まとめ

ホルミシスはうつやストレスに非常に有効で、うつの症状である意欲低下や無気力、自殺願望や倦怠感などを改善してくれますし、仕事など現代社会では自分と切っても切り離せないストレスによる細胞のダメージを回復・修復してくれるのにも役に立ってくれます。老化防止や新陳代謝を高める、美容効果、不眠などホルモンバランスの崩れにも効果的に働いてくれるので、あなたのうつを寛解に向かわせ、ストレスを浴びても細胞がうつの症状を発症させる前に細胞を元気に戻してくれます。これは、うつやストレスを体の中から根本的に解決していくのに非常に力となってくれます。
ラドン温泉やラジウムの岩盤浴など、手軽な方法でホルミシスの効果を得ることができますので、ぜひあなたもホルミシスの効能を利用して元気な心身を手に入れてみてください。

この記事をシェアする
TOPへ戻る