ホルミシスの枕で快適睡眠

ホルミシス効果とは、自然の中にある鉱石や地質などがもつ、大量に摂取すると人体に悪い影響を与えるけれど、微量であれば逆に良い効果を生み出すものを活用した健康法です。温泉療法がその良い例といえます。こうしたホルミシスの効果を枕から取り入れることができるのです。実際、この枕を利用した方は嬉しい結果を得ることができているのです。安心で快適に、かつ無理なく、健康を維持している人たちの秘密を探ってみます。

快適な睡眠の条件とは?

快適な睡眠の条件をご存知でしょうか。温度や照度、音といったものもそうですが、何よりも大きな影響を与えるのが、布団などの寝具類なのです。とくに寝ている間の姿勢や首周りの筋肉に影響を与える枕は、高さはもちろんですが、どんな素材でできているのか、どんな効果を生み出すのか、これは大変重要です。ホルミシス効果のある枕は、寝ているだけで効果が得られます。人の睡眠時間は、おおむね6~8時間程度が平均といわれています。1日24時間ですから、3割前後の時間帯は睡眠時間になるのですが、ここで微量のホルミシスを得ると、血管収縮機能を促進し、寝ている間に血流改善を促すことができます。少しずつ血流が改善すると、心機能への負担が軽減し、身体の隅々まで栄養豊富な血液が流れます。つまり寝ている間に身体をメンテナンスできるのです。これが本当の快適な睡眠といえるのです。

身体を温められる

そして寝ている間に栄養豊富な血液を流し、身体をメンテナンスすることだけではないのです。ホルミシスは、大量に摂取すると害をもたらす恐れのある成分です。微量であることで刺激となり、血流を改善してくれますが、それは身体の隅々までということでもあるのです。寝ている際には枕は頭や首など、身体の一部だけに当たります。でもホルミシス効果によってその当たっている一部だけでなく、毛細血管まで成分が行き渡ります。血流が促進されると、身体の体温が上がり、結果として寝ている間も寒く感じません。特に気温の下がる冬や寒冷地にお住いの方は、夜の冷えにも悩まされることでしょう。こうした効果を期待して、枕はもちろんですが、寝ていないときでも健康効果を得たいと、自宅の漆喰壁などに利用される方もいるほど、ホルミシスというのは人気があるのです。

新陳代謝が良くなる

ホルミシス効果を取り入れた枕を利用することで、寝ている間の血行が改善されると、そこから少しずつ体質も改善できます。温泉でいえば、例えば有名なラドン温泉なども、1日に何度も利用したり、数日泊りがけで利用して湯治の恩恵を受ける方も多いですね。同様に枕に関しても毎日利用することが大切なのですが、それによって血流が改善すると、結果、新陳代謝が改善されるようになります。冷え性や関節炎で悩まれていたという方も、新陳代謝が改善されると、冷えが抜けて痛みが軽減したという場合もあるのです。例えば秋田県にある玉川温泉や鳥取県にある三朝温泉などはラドン温泉として有名ですが、すぐに誰でも行けるものではありません。遠くの温泉地まで行かずとも、自宅でホルミシスの効果を得ることができるのですから、大変便利で誰でも活用しやすいものといえます。

まとめ

ホルミシスの効果を得るためには、様々な方法があります。山間にあるラドン温泉地でゆっくり数日間過ごすというのも大変魅力的です。でもそんな時間はないという忙しい現代人も多いでしょう。それでも、忙しくストレス過多な現代人こそ、このホルミシス効果の恩恵を欲している人たちなのです。枕はそんな忙しい現代人が活用しやすいアイテムではないでしょうか。是非枕の重要性を見直し、取り入れてみてはいかがでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る