ホルミシス効果でむくみのお悩みを解決

「朝目覚めた時に顔が腫れぼったい」、「仕事が夕方に差し掛かると足がパンパン」など、むくみで悩む方は多いのではないでしょうか。解消グッズを使ってもなかなか効き目が実感できなかったり、マッサージなどでほぐす時間も取れなかったりすることもあると思います。見た目に影響を及ぼすことはもちろん、靴が履けなくなるほど疲れが溜まり、ひどくなると痛みも伴ってくることもあります。

このような辛い悩みを解消するのにおすすめなのがホルミシス効果を活用した方法です。症状が出る原因からその対策までをチェックしていきましょう。

悩ましいむくみの問題

むくみが起こるのには様々な原因があると言われていますが、特に多いのがデスクワークや立ち仕事といった、同じ体制で長時間過ごすことによる血流の悪化、それに伴う冷えによるものです。特に心臓から遠い場所にある足先などは重力の影響を受け、心臓から送り出された血液が戻りにくくなることで血液循環能力が低下してしまいます。

そして疲れやストレスはホルモンバランスが崩れる原因となり、身体に悪影響を及ぼします。例えば長時間乗り物に乗り続けた後に足がパンパンになってしまったという経験がある方も多いと思いますが、この場合はまさに血流が悪くなることと、さらに疲れ、そして乾燥などによる水分不足など、色々な要因が一度に影響し、このような辛い症状を引き起こしてしまうのです。

フェイスラインやボディラインなど見た目の問題だけでなく、悪化していくと痛みを感じるまでになる場合もあります。一度そのような状態になってしまうと、マッサージをしたり、ホットタオルを当てたりしてみてもなかなか元に戻らず悩ましい問題です。

ホルミシス効果でむくみを軽減

ホルミシスには、細胞の活性化、血流アップ、毒素を排出、リンパの流れをスムーズにするなど、体の調子を整える様々な働きがあります。

そもそもこの働きと言うのは、本来であれば人間にとって有害と言われている放射線を、わずかな量に制限して取り入れることによって好影響を与えるというものです。放射線と聞くと不安に思う方もいるかもしれませんが、これは私たちの周りの自然界にも存在している物質で、太陽や農作物からも発生しており、全く放射線を浴びずに生活することは不可能とも言えます。

体に害を及ぼすとなるとかなりの量でなければ影響がないということと、自然界の放射線とレントゲンなどの人工放射線は別物ということも正しく理解する必要があります。

むくみに効くホルミシス活用法

毎日の生活に取り入れることができるおすすめの方法が、クリームを使用したマッサージです。ラジウム鉱石の成分を含んだクリームによって、塗るだけで体の血流がアップし、そこへ更にリンパマッサージを加えることによってダブルの効き目を期待できます。そしてこのクリームは顔以外にも使用することができるので、気になる箇所やその大元ともなるリンパなど、全身のメンテナンスとして活躍するため、体のあらゆる部分の悩みを解消してくれます。

休日など時間があるときにおすすめなのは、クリニック等で受けることができるラドン浴です。微量の放射線を一定の濃度に保った部屋、またはカプセルなどに一定時間入ることで全身にその有効成分が浸透します。自分だけの空間でゆったりした時間を過ごしながらリラックスできる場所も多くあるので、ストレス解消としても活用できます。

まとめ

現代人の多くは、毎日の忙しい生活の中でつい無理をしがちです。そのため知らず知らずのうちに疲れやストレスが溜まっていることが多く、これが体にあらゆる不調を引き起こしています。

ホルミシスには人間が本来持つ回復力そのものを高める力があるため、根本的な体質を改善することで、様々な症状を改善していくことができます。
不調をきたす前段階の要因であるストレスや疲れを溜めにくくする体のベースづくりを行い、健康的で快適な日々を送りましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る