ホルミシス製品の薬事法について

ホルミシス効果があると言われる商品やサービスは数多く存在していますが、中には「ちょっと怪しいのではないか」と思ってしまうような、過大評価された商品やサービスがあることも否めないのが現状です。そんな時に選択の助けとなるのが、薬事法や日本放射線ホルミシス協会の存在です。このサイトでは、私たち消費者が安心して健康に関する商品やサービスを取り入れることができるよう、基礎知識をまとめました。

 

薬事法とは

私たちの周りには、医薬品や化粧品、医療機器など、健康に関する様々な商品やサービスがあふれています。数ある中から自分に合った物を選択すると思いますが、その時に参考にする情報として、パッケージなどの包装や、チラシ、ネットなどでの広告があるのではないでしょうか。

このような時、広告の内容が仮に商品の効果を過大評価していたり、誤解を招くような表現がなされていると、使用する消費者は正しくその商品を扱えなくなってしまう恐れがあります。また、実際の効果とは異なる、国が認めていない製品が出回るのも危険です。それを取り締まるために制定されているのが薬事法という法律です。

この法律が適用されることにより、健康商品を生産する企業はPRに使える表現の範囲が制限され、その結果私たちは商品やサービスを安心して利用することができ、健康が守られているのです。

 

日本放射線ホルミシス協会

日本放射線ホルミシス協会は、放射線に関する研究を行う大学教授やクリニックの院長から一般の会員など様々な人から成り立つ、ホルミシス療法を正しく取り入れ、そして広めていくという目的で作られた組織です。

いま日本国内にはラドンやラジウムなどで知られる放射線の効果を謳った商品が多く出回っていますが、残念ながら、その商品の中には実際の効果を得られないものも多くあると言われています。

このような商品は決して安価なものばかりではないですし、何よりも真剣に病気と闘う方が治療法として選択している中で、消費者を騙すような商品があってはなりません。消費者が安心して取り入れることができる商品が出回るよう、携わる医師や企業をサポートするという働きもこの協会の取り組みです。

 

認定マークの種別

認定マークの種別には大きく分けて3つあり、それぞれシルバー、ゴールド、プレミアムゴールドと分かれています。文部科学省が設定した基準に従って、長期の使用によって健康維持効果が得られるものに認定されるものがシルバー、これに対して短期の使用や1日の中で短時間の使用によって健康維持効果が得られるものはゴールドです。

最後にプレミアムゴールドですが、これは医療機関が病気の治療を目的として、民間の企業に委託することで開発するに至ったものに与えられる認定マークです。

これらの認定マークがあることで、消費者である私たちは安心してホルミシス製品を購入することができますし、企業側も自信を持ってその効果が期待できる商品を流通させていくことができます。

 

まとめ

放射線は肉眼では確認することができない物質で、さらに継続して取り入れることで効果が現れるという特徴があるため、初めて利用する場合、検討している商品やサービスが果たして信頼できるものなのかどうかと不安に感じてしまうこともあると思います。

今回ご紹介した薬事法や日本放射線ホルミシス協会の認定マークの簡単な知識を付けることで、安心して自分に合った物を取り入れられるのではないでしょうか。そうした上で効果的なホルミシス製品を活用し、病気の療養や健康促進につなげていきましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る