ホルミシスは薬事法ではどう扱われる?

がんの治療やうつ症状の改善などにも効果があると言われ、健康や身体の悩みを持っている人から大きな注目を集めているホルミシス療法。ですが、こういった健康に関するものは本当に効果のあるものなのか、誇大広告ではないかなどの審査がとても厳しいものでもあります。どのようなものを利用すれば本当に効果のあるものなのか、法律的に問題のないものはどのようなものなのか、この記事を参考にして見極められるようにしておくことをおすすめします。

薬事法とは?

ホルミシス療法と薬事法の関係の前に、まずはこの法律がどのようなものであるのかを知っておく必要があります。これは医薬品などの品質や有効性、安全性をきちんと確保するための規制を行うために作られたものです。つまり安全性が証明されていないものや、きちんと効果の出ないものを人々が利用して、健康面や金銭面で不利益を被ることがないように人々を守るための法律なのです。

さらに指定薬物の規制や、医薬品及や医療機器の研究開発を促進するためにも利用されています。医薬品は直接的に人々の健康に関わるものですので、その有効性や安全性を確保するために、製造、販売、流通、広告の流れの中で守るべきルールをまとめたものです。私達が安心して薬や医薬部外品、化粧品などを使用するためには欠かすことの出来ないとても大切なものなのです。

薬事法違反となる基準

では薬事法の違反になるかならないかということはどのような基準で決められているのでしょうか。まず健康食品など一見健康にとても良さそうなものでも、それが医薬品ではないにも関わらずあたかも医薬品のように販売されていればそれは法律に接触してしまいます。基準としてはまずそのものの原材料が医薬品として使用されるものかどうかです。

そして容器やチラシ、パッケージなどに医薬品であるかのような効果や効能を示すようなものは違反となります。その内容としては病気の治療や予防が出来るかのような表記、身体の組織の増強や機能の増進が出来るかのような表記、そして医薬品であると勘違いしてしまうような形状をしていたり、摂取の仕方として用法容量が医薬品のように記載されている場合には全て違反となります。人々が目にして、それを医薬品であると思って購入してしまったり利用してしまう可能性のあるものは全て薬事法を違反しているとみなされてしまいます。

日本放射線ホルミシス協会認定マークがある製品は安心

現在、日本国内には、ホルミシス効果を謳っている製品が非常に多くあります。その全てがきちんと効果のあるものであれば良いのですが、残念ながらそうではありません。そこできちんと効果がある製品を見極めるために日本放射線ホルミシス協会が寄与しているのが認定マークです。きちんと製品の効果をチェックして、基準をクリアしたものに限ってこのマークを使用出来ることになっています。

認定マークには3つの種類があり、シルバーは長期間使用することによって健康効果の得られるもので年間の線量が1mSvを超えないものが認定されます。ゴールドは短期間や短時間など決められた時間の中で効果を発揮するもので、年間の線量が1mSvを超えるものが認定されます。

さらにプレミアムゴールドというものもあり、これは医師や医療機関が、治療をすることを目的とした高線量の製品開発を企業に委託して、開発された製品に与えられます。いずれにしても全てきちんと効果があると認定されているものですので、日本放射線ホルミシス協会認定マークのある製品を選べば安心して使用することが出来ます。

まとめ

ホルミシス療法がいくら健康効果の高いものであるとは言っても、世間に出回っている全てのものに本当に効果があるかどうかというのはわかりません。せっかく時間やお金をかけて一生懸命利用していたとしても、本当は全く効果のないものであったなんてことがあればとてもがっかりしてしまいますよね。

そんなことにならないようにするためにも、本当に効果のあるものかということをきちんと証明する一つの目安として薬事法があります。また、日本放射線ホルミシス協会が認定しているものにはマークがありますのでそれを基準として利用するものを選ぶとより安全、安心に利用することが出来ます。

この記事をシェアする
TOPへ戻る