自律神経失調症に効果的なホルミシスの力

自律神経の乱れは体や心にあらゆる不調を引き起こし、日頃の生活に支障を来たす悩ましい問題です。ちょっとした疲労感や頭痛など、例え我慢できてしまう程度の症状でも放っておくことで重大な病気にもなりかねないため、早めの対処が重要です。

今注目されているホルミシスには、人間が持つ自然治癒力や免疫力を高める効果があると言われており、病気になる以前の予防医療として、あらゆる体調不良の可能性を事前にシャットダウンできるのが特徴です。このページでは自律神経失調症に関する基礎知識と、自律神経を整えるためのポイントをご紹介します。

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れることによって身体や精神に不調を来たす症状のことを言います。具体的な症状として、身体的なものでは慢性的な疲れや頭痛、動機、胃腸障害などといったものがあり、精神的な症状では気分の落ち込みや不安感などに悩む方が多いです。

このような不調の原因となるのは、現代におけるストレスや働きすぎによる過労、更年期によるホルモンバランスの乱れなど、様々なものが挙げられます。原因となりうる事柄が多いため、体の不調を感じていても何が原因なのかわからず苦しんでしまうこともあるのが特徴です。そして原因がわからないままその不調が続いていくことによって症状も悪化し、更に重大な病気に発展してしまう可能性もあるため注意が必要です。
このような状態になる前に、早めの治療や予防をしていくことが大切です。

自立神経を整えるホルミシスの効果

ホルミシスには自律神経を整える効果あると言われています。自律神経が乱れることによる症状は、先ほど挙げたように身体的な不調から心理的な落ち込みまで様々なものがあります。このような症状が現れる前に、日頃から疲れを溜めないような体づくりが重要です。

少量の放射線を体内に取り入れることによって、体内の細胞が活性化し、血流がよくなることで基礎代謝が上がることが体質改善につながります。体質が改善されることによって自然治癒力や免疫力が高まるこの働きは、人間が本来持っている能力を総合的に引き上げてくれるとも言えるため、「特定の要因がわからないけれど不調を感じていて辛い」というような、複雑な要素が絡み合う自律神経の問題には最適の治療法なのです。

ホルミシス療法で自律神経を整えるには

ホルミシス療法には様々な方法がありますが、その中でも自律神経を整えるためにおすすめなのはラジウム温泉による療法です。日本国内には世界的にも有名なラジウム温泉がいくつか存在しますが、それぞれの地域で発生する微量の放射性が細胞や血流など身体の機能を向上させる効能があることや、副交感神経が働くことでリラックスすることができるといった特徴があり、全国から多くの人々が療養に訪れています。

温泉自体が持つ体を温める効能や、普段とは異なる自然の多い環境で過ごすゆったりした時間もストレス解消にも繋がり、これも自律神経を整える手助けになります。

まとめ

私たちの毎日の生活と密接な関係がある自律神経。日頃からなるべく無理はせず、疲れを溜めないように気をつけたり、太陽の光を浴びたりしてリラックスできる時間を取るなど、ご自身でも快適な環境づくりを意識してバランスを整えて行くことが大切です。

そして今回ご紹介した自然のホルミシスの力を加えることによって、自然と体のバランスを整えていくことが可能です。継続的に取り入れ、疲れにくく健康的な体を目指していきましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る