ホルミシス効果を利用したマスクとは

通常のマスクには風邪菌などのウイルス飛散・感染の防止効果、フェイスマスクには美容促進効果、アイマスクは眼球の疲労を和らげる機能がそれぞれ備わっています。
それぞれ、それだけでも製品として十分な機能だと言えるのですが、そこに微弱な放射線を発するホルミシス効果を持たせるとどうなるでしょうか。
どれも基本的に素肌の上に直接装着するものなので、放射線の効果をしっかり肌細胞に受けることが出来ます。

ホルミシスマスク

本来、普通のマスクは外部から風邪菌をブロックしたり、自分が風邪を引いている時に、外部へ菌を飛ばしてしまわないようにするために着用するのが主な目的ですね。
他にも、花粉が飛散する時期の花粉ガード、乾燥が厳しい時期に着用して、喉や口腔内の乾燥を防ぐために着用する事があるかと思います。
また、唾液の飛散を防がなくてはならない飲食関係、気化した危険なガスなどを吸い込まないようにする、それぞれの職場環境で着用したりすることがあります。
更に少し変わった着用方法として、顔の輪郭を分かりづらくさせて少しでも小さく、小顔に見せるために着用する女性も、少なからずいるでしょう。

さて、そこへホルミシス効果を加えるとどうなるでしょうか。
まず、一番のわかりやすい効能として、顔面にあるリンパの流れに作用して、溜まった老廃物などを綺麗に流してくれます。つまり、顔のたるみやむくみを解消してくれるので、着用して小顔に見せるだけでなく、外したあともちゃんと小顔のままを維持する事ができるようになるのです。
また、肌細胞を活性化してくれるので、血液の流れも良くしてくれるので、肌の乾燥やくすみ、シミなども消してくれる事が期待できます。吹き出物などの症状があった場合にも、同様にとても良い改善が見込めるでしょう。
なんと着用するだけで、薬剤もマッサージも必要なく、綺麗でみずみずしい、ハリのある肌を手に入れることが出来てしまうのです。

効能はそれだけではありません。
放射線はなんと花粉症にも改善効果が見込めるのです。
バドガシュタイン鉱石というヨーロッパで有名な薬石があります。微量なラドン放射線を放出している鉱石で、アレルギーや美容改善などに効果があります。オーストラリアのバドガシュタイン鉱石発祥の地では「奇跡を生む」とま言われています。
花粉症はそもそも免疫不全症です。口を覆うことで、直接体内にホルミシス効果を取り込むことが出来るので、体内器官や血液に直接作用して、アレルギーなどの症状にも大きな改善が見られるのです。

また、鉱石の力でマイナスイオンが発生し、口腔内に直接取り込むことで、本物の滝のそばに行くほどでは無いものの、リラックス効果も得られるようです。

そんなホルミシスマスクなのですが、鉱石を配合しているので流石に通常のもののように数百円で購入できるものではありません。1つで8000円程度、2枚組で15000円ほどが相場のようです。
少々お高い価格ですが、布製なので、洗って繰り返し使うことが出来るので、長い目で見れば効能と合わせて決して高すぎることはないでしょう。

ちなみに、基本的に耳の辺りまで大きく覆う形状のものが多いようですが、サイズが独特なので選ぶ時は慎重に。また、布製なので着用環境によっては息苦しさがあるかもしれないのでお気をつけください。
また、血液の流れを良くするということは、体温の上昇が見込めます。暑い日に着用すると、なおのこと暑くなってしまうかもしれないので、その点にもご注意を。

ホルミシスフェイスマスク

通常のフェイスパックであるならば、保湿のためであったり、乾燥対策であったり、アンチエイジングであったり、フェイスラインを引き上げたりと、目的によって様々な種類を使い分けるものです。

ですが、ホルミシス効果が含まれていれば、そのほとんど全ての効果が望めます。
基本的にはホルミシスマスクと同じ効能が得られます。
血流改善による、くすみやシワの除去、細胞活性化による新陳代謝アップで肌の潤いとみずみずしさの取得。肌の引き締めによって小顔効果や毛穴の引き締め、吹き出物などの減少などです。

また、天然鉱石が含まれている関係上、マイナスイオンが発生します。
基本的に、フェイスパックを着用する状況というのは、自宅で、寝る前や入浴中などのリラックスした環境の最中であることがほとんどだと思います。
その環境下で、血行促進、マイナスイオン発生という恩恵が得られるとなれば、かなり心地の良い気分を得られるでしょう。
肌細胞や血液などに直接作用するだけでなく、ストレス軽減という心理的な部分にも良い効果が得られる製品であると言えるのです。

ちなみに、効能の主成分は練り込まれた天然鉱石によるものです。パックの素材や保管環境にもよりますが、半永久的に使い続けることが出来るのも、魅力の一つです。

ホルミシスアイマスク

アイマスクを付ける状況といえば、夜の就寝時に真っ暗でないと寝られない。という方や、飛行機や新幹線、高速バスの移動中など、明かりを消すことが出来ないけども、眠りたいという時に、着用するのがほとんどではないでしょうか。
つまり、目隠しとしての効果利用ですね。
他にも、布製ではなく内部にジェルを内包したビニール製のアイマスクも存在します。こちらは温めたり冷やしたりした上で目の周りを覆うことで、眼球の疲労を取ることを目的として使用します。

ではホルミシス効果を持たせるとどうなるのか。ここまで順繰りに読んでくださった方ならもう察しがついておられるかと思いますが、両方の効果が得られます。
すなわち、目隠しをした上で、眼球周りの疲労を除去してくれるのです。
目元の血流改善や、細胞活性化も行ってくれるので、疲労回復のみならず、目元周りのシワやクマなどにも効果があります。使いすぎで縮んだ眼球自体も緩めてくれるので、加齢や極度の近視によって引き起こされやすい、飛蚊症なんかにも効果があります。
また、頭部や首、手首にもそのまま使えるので、頭痛や、血流を良くしたい部位があれば、そこに当てて使うことも出来ます。

基本的にアイマスクと言えば完全に目を覆ってしまう目隠しであるものですが、そうでない製品もあります。
目を完全には覆わず、十数個の小さな穴が空いているものがそうです。
これは、ピンホール効果(視界に入ってくる光を制限することで、一時的に視力を引き上げる効果)を利用しつつ、鉱石の力で眼球周りの筋肉を解し、通常よりも更に視力回復効果を狙ったものです。
また、こちらはマスクの素材に直接鉱石を練り込んだものではなく、目の周りのツボを鉱石で直接刺激する為に、ゴロリとした塊のまま、縫い付けてあります。
視力回復に特化した製品ではありますが、見た目は完全に目隠しのそれなので、職場などで使用する場合には事前に周囲の理解を得てから使うのが無難かもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
天然鉱石によるホルミシス効果を含んだ、3種類のマスクをご紹介しました。
どれも、効果を持たない普通の製品であっても意味があるものですが、放射線を発する鉱石を肌に直接貼り付けて使用するので、患部の細胞に働きかけて、通常よりも大きな効能を得るのが特徴です。
また血行を良くし、マイナスイオンでリラックス効果を発生させるのも共通した特徴と言えるでしょう。
値段が張りがちですが、繰り返し何度も使うことで効果を得つつ、元を取ることが出来るのも共通していますね。
どれも着用するだけで素晴らしい効果が得られるものばかりなので、気軽に綺麗な肌を手に入れたい方は、一度試してみてはいかがでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る