ホルミシス吸入器の特徴

人気が高まりつつあるホルミシス療法ですが、「名前は聞いたことがあるけれど、具体的にどんなことをするのかは知らない」という方もまだまだ多いと思われます。また、その効果についてもよく分からないという方も多いのではないでしょうか。カタカナの名前なので、余計に分かりにくい気がしますね。ホルミシス療法は、簡単に言うと「放射線を浴びる療法」です。放射線と聞くと人体に悪いものと思いがちですが、実際のところどうなのでしょうか。

 

ホルミシス療法とは?

ホルミシス療法とは、微量の放射線を体内に取り入れ、体の様々な不調を改善していくことを目的とした治療法のことです。放射線は自然界にも存在しており、その10~100倍の低レベルの放射線を体内に取り入れることで、体の不調の改善を期待できるとされています。
効能としては、鎮痛作用や活性酸素の除去、基礎代謝の向上、免疫力アップなどが挙げられ、疲労や肩こりの緩和から糖尿病、がん、動脈硬化にも効果が期待できると言われています。
また、シミやシワ、更年期障害の改善、美肌効果など、いつまでも若々しくいたい女性にも嬉しい効能があるとされています。研究は国内の様々な研究機関や大学でも進められており、今後ますます活発になっていくものと思われます。

 

ホルミシスの効果を取り入れる方法

ホルミシスの効果を取り入れる方法は3つあります。まず1つ目はラドン温泉に入ることです。ラドン温泉は秋田県仙北市にある玉川温泉や新潟県阿賀野市にある五頭温泉郷などが有名です。しかし、遠くて行けないという方も多いかもしれません。近くにお住まいの方でも、体力が低下している方はなかなか足が向かないことでしょう。また、ラドン温泉は天然温泉のため、天候や気温によってラドンの濃度が左右される場合もあります。
2つ目はホルミシスルームを利用することです。温泉よりは手軽に利用できますが、お仕事などが忙しい方はスケジュールの都合でなかなか予約ができない場合もあります。
3つ目はラドン吸入器を使用することです。自宅でのケアができますからどこかへ時間と交通費をかけて出かける必要がありません。機器が高額なのが難点ですが、レンタル品もありますので気軽に利用できそうです。

 

ホルミシス吸入器の特徴

ホルミシス吸入器の特徴は、何と言っても自宅で好きな時にホルミシス療法が受けられることです。忙しくてルームに通う時間がない方にとってはとても嬉しいですね。使用する際は、専用の容器に水を入れて吸入器にセットし、そのミストを専用のマスクから吸い込みます。
とても簡単ですので、高齢者の方やお子さんも自分でセッティングすることができます。1回およそ10分、1日数回使用してください。専用ボックスに入れて手軽に持ち運ぶタイプの物も発売されていますので、ご家庭内だけでなく、旅行先などでも利用することが可能です。
ただ、100万円を超えるものも多く、個人で購入するのが困難な場合もあります。しかし、レンタル品もありますので、自宅療法をご希望の方は、一度問い合わせをされてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ホルミシス療法の定義ややり方、及び吸入器について見てきました。ラドン浴、ホルミシスルーム、吸入器という3つのホルミシス療法の中でも最も気軽に出来るのが吸入による方法ですが、ネックは本体が高額なことです。
レンタルする場合も料金はホームページに掲載されていないところが多く、問い合わせてみないと分からないケースが多いようです。これからもっと、この療法が身近になり、吸入器の価格も下がることを願ってやみません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る