ホルミシスの効果で免疫力も上がる?

日本だけではなく世界中に溢れんばかりの健康食品や関連したグッズがありますが、多くの製品がピンポイントな部分だけに効果があると謳っている物ばかりです。そんな中でホルミシスは身体全体に効果を発揮してくれるので、単体でも大きな効果があります。ラジウム放射線には生命活動を活性化させたり、新陳代謝を高めたりする効果があります。それによって抗酸化酵素を増加させたり、免疫力を活性化させたりします。薬の様に異物を入れるのではなく、あくまでも自己治癒力をアップさせるので人体にも安全です。

抗酸化酵素の増加

私達の身体には多くの細胞やホルモン、物質が存在します。その中でも抗酸化酵素と言って、ビタミンやポリフェノールにも含まれている物質があります。この物質は活性酸素と言う物質が増えすぎると、正常値に戻してくれる働きをしています。活性酸素は元々体内で生成される物質で、ウィルスなどの異物を攻撃してくれる物質です。しかし数が増えすぎると自分の身体を攻撃してしまい、疲労や老化を招くだけでは無くがん細胞に変化する場合もあります。そんな活性酸素を正常な値にする為に生成される、抗酸化酵素の生成を促進するのがホルミシスです。ホルミシスが発する低放射線が体内に作用し、細胞の動きが活発になります。その上で血流を良くしたり身体を温めたりするので、病気に強い身体やいつまでも若々しい身体を作ってくれます。ラドンが含まれている温泉で、病気が治ると言う理論もホルミシスが関係しています。

DNA修復力を強化

臓器、頭脳など身体の全ての元になっているのがDNAで、一度壊れてしまうと元に戻る事はありません。強い放射能を浴び続けているとDNAが破損し、細胞が分裂・生成出来なくなります。私達の身体は常に新しい細胞が生成されて構築されているので、それが出来なくなってしまう事で生命維持が出来なくなります。とは言っても身体にはある程度のDNA修復機能がついているので、放射能ほどでは無くちょっとした不備には対応出来る様になっています。しかしその修復力は年齢と共に落ちてしまいます。傷や病気の治りが遅くなるのもDNAが関係しています。ホルミシスは免疫力アップだけでは無く、P53抗体を活性化させる効果がありこの抗体がDNA修復を行います。P53抗体はがん抑制遺伝子と言われるP53遺伝子が活発になる事で生成される抗体で、微弱な低放射線に反応します。生成されたP53抗体がDNAの修復活動にあたり、修復出来なかった細胞は体外に輩出されるので結果的にがんを予防する事が出来ます。

免疫細胞の活性化

細胞は脂質の膜に包まれているのですが、活性酸素や反応性の高いフリーラジカルによって脂質が酸化される事があります。酸化した細胞は活動が低下してしまうので、身体の不調や老化、疲労を招きます。ホルミシスはこれらの細胞の動きを低下させる過酸化脂質を減らす効果があります。元々過酸化脂質は放射線に弱いので、定期的に低放射線を浴びる事で免疫細胞の活性化が期待出来ます。ちなみに過酸化脂質が減少するだけでは無く、細胞の透過性が上昇するので栄養や酸素が届きやすくなる効果もあるので、これまで以上に免疫力がアップする事がわかりました。細胞の活性化により健康な身体を手に入れられるだけでは無く、アンチエイジング効果もあるので一石二鳥です。ホルミシスの提唱者でもあるトーマス・D・ラッキー博士は適切な放射線は人体に有益をもたらすと言う様に、様々な良い影響があります。

まとめ

細胞や免疫力と言うのは目では見えないので、イマイチ良くわかっていないと言うケースも多くあります。またホルミシスから発せられるラドンも目には見えませんが、人体には多くの影響を与えています。増えすぎると身体を攻撃してしまう、がんの原因にもなる活性酸素を除去してくれる抗酸化酸素を増やしたり、P53抗体を活性化させてDNA修復をしてくれる効果があったりします。免疫細胞に働きかける事で、健康だけでは無くアンチエイジング効果がある事も分かっています。

この記事をシェアする
TOPへ戻る