辛い頭痛を軽減させるホルミシスの効果

突然の痛みからズキズキと痛み続ける慢性的なものまで、一口に頭痛と言っても様々な症状があります。原因も大きく分けると2種類あり、頭の筋肉が緊張することによるものと、脳の血管が拡張することによるものがあり、それぞれに合った改善策を取ることが大切です。ホルミシスにはこの両種類に対して効果を発揮する働きがあるため、あらゆる原因による頭の痛み、重さ、のぼせなどに悩む方にはおすすめの対策です。

 

様々な原因による辛い頭痛

頭が痛いと感じる時の背景には様々な原因があり、ストレス、寝不足、肩こり、女性の場合は生理による貧血など、あらゆる体の不調によって引き起こされます。

なかなか治らない痛みに耐えるのは辛く、つい気軽に服用できる強い鎮痛剤に頼ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そして危険なのは、そういった鎮痛剤を常用することによって体が慣れてしまい、だんだんと効き目を実感しづらくなることです。

鎮痛剤は痛みの根本を改善するというよりも、痛みそのものを感じなくさせると言ったような、いわゆるその場しのぎとしての効き方であることが多く、服用することによってその時の気分は楽になるものの体自体には負担はかかったままということがほとんどなので気をつけなくてはなりません。

また鎮痛剤の種類によっては、その強すぎる作用が胃腸の粘膜を刺激し別の悪影響を及ぼしてしまいかねないため、できることなら薬に頼らない対策をとることをおすすめします。

 

頭痛を和らげるホルミシス

ここでご紹介するホルミシスとは、微量の放射線を体内に取り込むことによって体の機能を高める働きのことを指していますが、これには痛みを和らげる鎮痛作用があると言われています。

頭痛にはホルモンが深く関係しており、数多くのホルモンが存在する中で、メディオエンケファリンと呼ばれるホルモンは痛みを和らげる働きがあると言われています。ホルミシスを取り入れることによってメディオエンケファリンの活性化が進むため、痛みを和らげてくれるのです。

これによる鎮痛作用は、他にも腰痛や生理痛など痛みを伴う様々な身体症状を改善する働きがあるため、特定の症状に限定されている薬や治療よりも幅広く効き目を感じることができ、体にも優しい治療方法です。

 

体験者の声

ここでは実際に頭痛が軽減された方の声をご紹介します。ある女性の方は、自分の年齢が40代後半に差し掛かった時に頭の重さやのぼせを感じることが多くなったそうです。

このような症状は更年期の症状のうちの一つで、耐えられないほどの痛みがある場合は鎮痛剤で何とかその場をしのいでいたようですが、薬がないとこの症状を抑えることができず、また常用することで効き目が薄れているように感じられることも多く、ホルミシスを試されたそうです。

初めのうちは効き目をあまり実感することができず不安もあったようですが、継続的に通うことでだんだんと症状が改善され、1年ほど経過する頃にはほとんどその悩みも解消されたようです。それだけでなく、併発する耳鳴りも収まり日頃の生活を快適に送ることができるようになったそうです。

 

まとめ

頭の痛みは、一度起きてしまうと仕事や家事が思うように進まなくなったり、夜眠れなくなってしまったりと、一つの症状から生活に様々な障害が生まれます。そうなるとますます仕事量が増え、寝不足によって疲労感がたまり更に頭がガンガンと痛むというような悪循環に陥ってしまい、抜け出すことが困難になります。

鎮痛作用をもたらすホルミシスには痛みを抑える働きだけでなく、それ以前に痛みが発生する大元の原因も改善する働きがあります。痛みの大元を防ぐこと、発症しても早期治療を行うというダブルの効き目で、健康に対する不安をなくし快適な生活を送りましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る