ホルミシス治療で糖尿病も改善される?

現在、世界でおよそ3億以上もの患者がいるとされる糖尿病ですが、日々、食事など細部に渡って真摯に向き合っていくことが必要とされる病気でもあります。また、治療方法や合併症などの不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。実は、ホルミシス治療が、糖尿病や生活習慣病にも効果が期待できる治療法として、注目されていることをご存知でしょうか?

糖尿病になる理由

健康な体では、血液中の血糖がホルモンの働きにより正常に保たれますが、それが何らかの理由で機能しなくなった場合に発症してしまうのが、糖尿病です。糖尿病には複数の種類が存在しており、病気の原因そのものもそれぞれ異なります。種類としてあげられるものには、若年層に多く見られる1型と、中高年層に多く見られる2型、妊娠中のみ起こるもの、遺伝子異常が原因とされるもの、ほかの疾患により引き起こされた続発性起因のものなどがあります。

また、原因としても、遺伝子異常を原因とするもののほか、1型の場合は、自己免疫反応異常によるもの、2型の場合は、遺伝的要因と生活習慣によるものなど、その分類によってもさまざまなものがあげられます。日本では、この生活習慣病としての割合が多くを占めており、生活習慣の改善を試みることで、ある程度の事前予防ができる病気であると言われています。

糖尿病の症状

実は、日本の9割の患者があてはまると言われる2型の場合、血糖値の高さによっては、自覚症状がないまま病気が進行してしまうような場合も少なくないのをご存知でしたか?しかし、この2型の場合は、予防可能なことが多いので、年齢に関わらず生活習慣などに注意するなど、日頃からの予防が大切です。

糖尿病の主な症状としては、口の渇き、多飲、多尿、神経障害、体重現象などがあげられますが、症状が重い場合には、意識障害や腹部の激痛などを起こすこともあります。また、慢性期合併症としては、そのほかにも多くの症状が認められるため、人によってさまざまな症状があげられる病気のひとつでもあります。

治療方法も、病気の進行度や分類によって異なりますが、いずれのケースも、インスリンを補うなどの血糖値のコントロールが重要であることには変わりがありません。

ホルミシスが糖尿病を改善できる理由とは?

ホルミシス治療が糖尿病の改善に効果が期待できるとされているのは、血液中の血糖をコントロールするホルモンの働きと関係があるのです。通常、わたしたちの体内では、インスリンやグルカゴンなどをはじめとした様々なホルモンの働きで、血糖値が調整されている状態を保っています。

しかし、何らかの要因でその機能が破綻することで、血糖値が異常増加し、糖尿病へとなってしまうのです。また、生活習慣上の危険因子としては、とくに、睡眠不足、不規則な食生活、肥満、喫煙、運動不足などが指摘されています。

ホルミシス療法では、ホルモンの働きを正常化すること、また、生活習慣病への改善の鍵となる過酸化脂質量の減少、活性酸素の増加抑制効果などがのぞめるため、体内からの改善を期待でき、多くの糖尿病患者の方が治療方法に取り入れているというわけなのです。

まとめ

近年、さまざまな病気や症状の原因となっていることでも知られてきたホルモンの数々で、自然な治療方法として取り入れることのできるホルミシス療法に、ますます注目が集まっています。わたしたちの体にとって有益となる低線量の放射線ホルミシス療法と上手に向き合って、ぜひ、糖尿病をはじめとした生活習慣病の改善と治療を試みてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
TOPへ戻る