ホルミシス効果で認知症を防ぐ

年齢を重ねるごとに不安になる認知症への恐怖。誰もがそのリスクを負っているとも言えますが、人生100年時代とも言われる今の社会で、できることなら生涯健康で楽しく暮らしていけたら良いですよね。自分だけでなく、ご家族など周囲の大切な方にも長く健康でいてほしいという思いは多くの方が抱く感情だと思います。

歳によるものだから仕方ないということはなく、事前に適切な対策をとることで、発症しにくい体質づくりや、万一症状が出てしまった場合の進行を遅らせることも可能です。

このサイトでは、認知症を防ぐのに効果的と言われるホルミシスについてまとめました。いつまでも健康で元気な毎日を送るための知識を深めていきましょう。

そもそも認知症とは

そもそも認知症という症状は、病気名ではなく、様々な病気によって脳の神経が壊れたり、変化したりすることによって脳の機能が低下してしまう状態のことを言います。

老化現象による記憶力の低下は脳の衰えによるもので、症状を本人が自覚できていることがほとんどですが、こちらに関しては能力の低下そのものに本人が気づかないまま日々の行動を行ってしまうため、思わぬ事故に繋がったり、周りで生活を共にするご家族などの助けなどがないと生活することが難しくなってしまうというのが特徴です。

認知症自体にもいくつかの種類があり、それによって引き起こされる病気や症状は異なりますが、共通して言えるのは、脳や体の神経細胞や血流の働きが低下することによって現れてくるものが多いという点です。

放射線ホルミシスで認知症予防

放射線ホルミシスには身体の細胞活動を活発にする働きがあると言われています。細胞の活動がアップすることで血液の循環も良くなり、それに伴って体に行き渡る新鮮な酸素が増加するため、人間が本来持ち合わせている身体能力がアップするのです。衰えてしまった体を薬などの療法で抑える方法とは違い、自然界で発生する放射線と人間自身の自然治癒力や免疫、回復力によって事前に防止することは身体にとっても負担がない、身体にやさしい予防方法と言えます。

具体的な対策方法としては様々な種類が紹介されていますが、特に病気予防として取り入れている人が多いのがラジウム温泉療法やラドン温室・ルームなどと呼ばれる屋内施設で放射線を取り入れるものです。身体の内側と外側両面からその成分を取り入れることができるため、一部分ではなく身体全体で影響を受けることができます。運動などと違って激しい動きをする必要がないので、体力に自信がない方やご年配の方でも気軽に取り入れることができる方法です。

安全性は大丈夫?

放射線というといわゆる被ばくを連想し、身体にとって有害なのではないかと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに放射線は大量に取り込むことで人体に害を与えますが、実は放射線自体は自然界にも微量ながら存在しており、地域にもよりますが常に放射線を浴びている状況も珍しくありません。この場合の放射線はごくごくわずかで、人体に影響を与えるほどの量には及ばない場合がほとんどです。

また、ホルミシス療法を行うために作られたラジウム温泉では安全な放射線量がチェックされ、ラドン温室においては常に身体にとって最も良い影響を与えられる濃度に保たれているため、安全性は問題ありません。レントゲン検査などで使用される量にも及ばない程度なので、妊娠中の方でも安心して取り入れることができると言われています。

まとめ

細胞の活性化によって身体を若返らせてくれる働きのある放射線ホルミシス。無理なく継続することで自然と身体の能力が高まり、様々な病気から身を守ってくれます。

この方法は、今注目されている予防医療や、セルフメディケーションにも通じるものがあります。症状が現れてからの治療では遅い場合もありますし、何よりもご自身が辛いことと思います。自分の健康は自分で守ることで、将来も安心して生活することができるのではないでしょうか。

この記事をシェアする
TOPへ戻る