RunaほるみんGの使い方と期待てできる効果

癌や重い病気の痛みを和らげる効果が期待されて全国から人が集まる湯治場。その効果は美容の世界にも影響を及ぼし、美容に特化した商品が続々と登場するようになりました。その中で今回ご紹介するRunaほるみんGはクリームタイプの化粧品です。温泉に浸かるわけではなく肌に直接塗り込むことでどういった効果を発揮してくれるのでしょうか。美容系ホルミシスに興味のある方、必見です。

 

ホルミシス効果って何?

湯治場で有名な鳥取県の三朝温泉や秋田県の玉石温泉にはなぜ人が集まるのでしょうか。天然のラジウム鉱石がラドンなどの放射性のガスを出し、そのガスを体に取り入れることで何かしらの体への良い効果を期待されるからです。
本来放射線は発がん性を持つことで知られ、大量にとることは体に毒となりえます。しかしこの湯治のように少量を体に取り入れることで体に良いことが起こることを「ホルミシス効果」と呼びます。海外ですとオーストリアのバドガシュタイン温泉が有名です。

 

RunaほるみんGの使い方

三朝温泉や玉石温泉に代表される湯治場にある天然鉱石をパウダー化してたっぷり練りこんだクリームが「RunaほるみんG」です。リンパケアサロンがサロンで使っているクリームをさらに高濃度にして商品化しています。
ローズマリーとグレープフルーツの2種類の香りがありますがどちらも香りはきつくありません。クリームは伸びが良くべたつかずさらっとしています。少量を手に取って塗りたいところにマッサージしながら塗るだけです。

 

期待される効果

もともとリンパケアを重点的にやるサロンが出しているクリームなので、塗り込んでマッサージすることでリンパケアに重要な「血流をよくする」ことが期待されます。それによってリンパにたまった老廃物が流れ出てくすみがなくなり肌が本来の美しさになります。
また、血流が良くなれば必然的に体が温まります。冷えは肩こりや頭痛をもたらすことがあるので、改善するかもしれません。むくみにも効果的です。何よりほんのりいい香りのクリームをゆっくり塗り込むことで高いリラックス効果が得られます。

 

まとめ

重い病気の方がホルミシス効果での痛みなどの軽減を求めて通う湯治場の原理が、今や美容業界にまで浸透し商品化していました。それほどに三朝温泉や玉石温泉に代表されるラジウム温泉の効果が高いということです。
直接肌に触れる化粧品は効果に個人差がありますし、もちろん合う、合わないもありますので、しっかりと内容をサイトなどで調べたうえで購入してください。話題のホルミシス効果を体感出来て、且つリラックスできる商品に出会えるといいですね。

この記事をシェアする
TOPへ戻る