ホルミシスが脳に与える効果と自宅でできる治療法をご紹介

脳疾患と聞くと、そこから身体に影響を及ぼし、通常の生活にも支障を来たす危険性のある重病を想像する方が多いのではないでしょうか。軽度のものであればその症状は身体の一部分で済みますが、万一悪化すると、最悪の場合は意識を失い寝たきりになってしまうなど、ご自身だけでなく一緒に生活を共にする方にとっても辛い状況となります。事前に予防をすることや、初期段階のうちに治療を行うことでその進行を止めることが可能です。

このページでは、効果的なホルミシスの働きと、ご自宅でできる治療法をご紹介します。あなたやあなたのご家族の健康を保つためのヒントとしてお役立てください。

 

脳に関わる病気

様々な病気がある中で、今回は代表的なものとしてパーキンソン病とアルツハイマー病を挙げたいと思います。これらの病気は、脳の神経細胞が減ってしまうことや破壊されることによって指令が身体の筋肉にうまく伝わらず、スムーズな動作が難しくなり、進行すると日常生活も困難になるというものです。

このような症状になる要因ははっきりしていないのが現状ですが、ダメージを与えるきっかけとして考えられているものの中には、頭の血流低下や体内の活性酸素の増加があります。

血流が悪くなることで細胞の機能を高めるための新鮮な酸素がうまく行き届かなくなるため、必然的に細胞の機能が低下してしまいます。また、ストレスや疲れ、タバコやお酒の飲み過ぎなどといった生活習慣の乱れによって、体をサビさせるとも言われる活性酸素が大量に発生し、それが細胞にダメージを与えてしまうのです。

 

脳疾患とホルミシス

この2つには深い関係性があります。ホルミシスには、体内の血の流れをスムーズにして細胞の働きを活発にする働きがあると言われています。そして人間の脳には、身体に通る血管以上に多数の細かい毛細血管が張り巡らされており、常に血液や酸素が送り込まれています。

細かい血管だからこそ、少しでも血流の勢いが弱まってしまうと、それだけ血管1本1本にダメージを与えかねません。また、神経細胞は日頃鍛えることによって増やすことが可能であるとも言われています。

よく知られている鍛え方としては適度な有酸素運動や勉強などがありますが、放射線の力を使うことで体への負担も少なく、気軽に鍛えることが可能です。

 

自宅でもできるホルミシス療法

ご自宅でできるホルミシス療法でおすすめなのが、ラドン吸引機を使った方法です。微量の放射線を発するラドンガスを、専用のマシンを使って吸引することによってその効果を得るというとても簡単な方法です。推奨される使用頻度は病状によっても変わりますが、一般的には10分程度の吸引を1日数回行うのが良いと言われています。

このようなアイテムが家にあればとても便利ですが、ネックなのはその価格帯です。現在出回っている多くの商品が基本的に100万円以上と、決して安いとは言えない値段です。予算が厳しい場合には、月々数万円程度でレンタルができるサービスを行っている会社もあるため、まずはどのような効果を得られるのか試してみるためにも、レンタルから始めてみるのがおすすめです。

 

まとめ

人間は生活をしている以上、残念ながら病気のリスクは0パーセントとは言いきれません。しかし日頃から健康的な生活習慣を身につけ、事前の予防を行うことでそのリスクを下げることは十分可能です。

今回ご紹介したホルミシスには、脳疾患などの特定の病気だけでなく、基本的な人間の免疫力や治癒力を引き上げてくれる素晴らしい働きがあります。様々な病気に対する予防医療として、普段の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
TOPへ戻る