ホルミシス効果で血行も良くなる

血液の流れは水分を保ったり、酸素などの栄養素を運んだりと多くの役割があります。冷えや運動不足で血行が悪くなると、これらがスムーズにいかず体調不良に陥ってしまうケースもあります。ホルミシスが発する低放射線は、人体に刺激を与えてくれるので血流を良くする効果もあります。血流が良くなると栄養素が満遍なく行き渡るので免疫力がアップし、より健康的な生活を送る事が出来ます。ここではホルミシスが与える血行への効果を説明しています。寒い時期には特に効果的なので、冷えを感じる方にもぴったりです。

身体を温められる

人の体温は35~36度が平熱で下がりすぎると身体がうまく機能しなくなったり、不調を感じたりする事があります。その為、寒い時期は着込んだり患部を暖めたりして、体温が下がるのを防いでいます。保温と言えば遠赤外線が有名ですが、遠赤外線は体温を利用して遠赤外線を発生させ、保温して暖かさを感じさせています。実はホルミシスにも同じ様に身体を温める効果があります。遠赤外線とは異なり、微弱に発生されている低放射線が人体に刺激を与え、細胞の動きを活発にしてくれます。細胞の動きが活発になると滞っていて血流が良く、身体の隅々まで栄養素が行き渡る事で身体が温まります。血行が良くなると精神的にも良い影響を与えてくれるので、寒い時期にナーバスになりやすい方にも効果的です。がん細胞は42度になると死滅する事がわかっているので、慢性的に身体を温める事で未然にこれらの病気を防ぐ事に繋がります。

血行促進で冷え性も改善できる

血行促進は身体を温めてくれるので、女性に多い冷え性にも大きな効果があります。冷え性にはいくつか種類がありますが、全て血流の滞りからきています。その血流を良くする事で、冷えを改善し冬でも寒さを感じません。ホルミシスは即効性がある事でも有名で、粉末にしたホルミシスを服や寝具に縫い付けたものを使用していると、数回で効果を感じられます。自分の身体が温まっている事を実感できるので気持ちが良いですし、これまで身体の冷えによって眠りが浅かったが、ホルミシスを使う事で睡眠の質が高くなったケースも報告されています。もちろん慢性的な肩こりの改善やアトピー性皮膚炎の緩和、女性特有の疾患である月経前症候群、月経不順にも効果があります。冷えは万病の元とも言われているので、普段からこまめに身体を温めるのが健康に繋がる第一歩です。

血行促進は腰痛にも効果あり?

ホルミシスは使用しているだけで、身体を暖めてくれますが辛い腰痛や肩こりにも効果的です。そもそも腰痛や肩こりは血行が悪くなる事で起こるので、辛いと感じる前に温める必要があります。しかし腰痛を感じた時にシップを貼り、患部を冷やす事もあります。シップを貼る場合は筋肉が炎症を起こして痛みが生じている状態です。この方法は軽度の腰痛や、一時的な緩和にしかなりません。硬くなった筋肉をほぐす為には温めるのが一番です。ホルミシスを使うと身体の内側から温めてくれるので、シップやマッサージの様に一時的な改善では無く根本から解消します。コリや腰痛が無くなると身体がしなやかになる事で運動能力がアップしたり、疲れを感じにくくなったりします。運動後のストレッチ時にもホルミシスを使用すれば、乳酸が溜まることを防ぐので筋肉痛になりにくくなります。

まとめ

身体を温めて体温を上げる作用を持っているホルミシスは、冷え性や腰痛に効果的です。どちらも低体温の方がなりやすい疾患で、一度かかってしまうと中々改善しません。内側から温める効果をもっているので、重ね着・マッサージやシップよりも効果的ですし、免疫力がアップして病気に強い身体になります。身体を温めるには運動も効果的ですが、ホルミシスはライフスタイルに合わせて使用出来ますし、思い立った時にすぐに使えるのが最大のメリットです。他にも婦人科系の疾患やアトピー性皮膚炎などにも効果があります。

この記事をシェアする
TOPへ戻る