ホルミシスで基礎体温を上げて健康になろう

身体の免疫力や日々の健康維持と大きな関係があるとされるのが基礎体温です。健康と美容のために多くの方が利用しているホルミシスは、実は、健康な体のひとつの条件ともされる基礎体温の調整にも効果が期待できるのです。わたしたちの健康と体温の関係について、そして、ホルミシスが効果的と言われる理由についても、くわしく見ていきましょう。

基礎体温が低いとどうなる?

わたしたち人間のような恒温動物が健康的に生命を維持する上で、基礎体温はとても大切なひとつの指針となっています。とくに、女性の場合は、妊娠のしやすさなどに深い関係のある排卵周期などとも関連があるので、すでにある程度の知識をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

50年前に比べ、約1度近くも低くなってきていると言われる、わたしたちの体温。最近では、低体温が原因となっているさまざまなデメリットが、徐々に解明されてきました。具体的には、免疫力の低下、代謝の低下、内臓機能の低下などがあげられます。その結果、体の不調が起きやすくなったり、生活習慣病にかかりやすくなったり、太りやすい体になってしまったり、ということが考えられます。

また、日常的に基礎体温を把握しておくことは、ホルモン分泌の異常や病気の早期発見などにもつながると言われています。

ホルミシスでどうやって基礎体温を上げる?

ラドンガスを吸引したり、温浴施設を利用したりすることで体内に取り込むと、一時的に活性酸素が発生し、その抑制のために、SODとも呼ばれる抗酸化酸素が増加します。この体のメカニズムを上手に活用したのがホルミシス療法と呼ばれ、美容や健康だけではなく、さまざまな病気や症状の改善に役立てられています。ホルミシス効果が基礎体温アップに良いとされるのは、このようなホルミシスによる適度な刺激が、体内の細胞を活性化させることが主な理由としてあげられます。

低線量の放射線がもたらすホルミシスは、細胞の活性化、酸化ストレスの予防、代謝の活発化、血行促進、疲労回復、乱れた自律神経を整えるなど、幅広い効果が期待でき、こうした体の動きすべてが、基礎体温アップにつながるのです。とくに注目したいのは、免疫力。体温が1度上がれば、体の免疫力は、3割アップするとも言われるほどなんですよ。すごいですよね。

その他で基礎体温を上げる方法

現代人の低体温化の理由にはさまざまな原因があると言われています。科学や技術の発達により、日常の生活が便利になったこと。そして、わたしたちのライフスタイルの変化がもたらした、生命活動上の運動不足による筋肉量の低下、住環境などによる、外的なストレスの影響なども原因としてあげられるようです。

ホルミシスを活用する以外に基礎体温を上げる方法としては、日々運動を心がけること、ストレス発散や緩和に努めること、冷房や冷たい飲み物などで体を冷やさないように心がけること、体温を上げる効果のある食べものを積極的に摂取することなどがあげられます。

しかし、いずれの方法も、即効性が期待できたり、一度で確実な基礎体温アップがのぞめるというわけではありません。体温の重要性をあらためて考え、普段から意識的に取り組んでいくことが大切になると思います。

まとめ

わたしたち現代人は、毎日の忙しい生活の中で、体温の大切さや役割について考える機会は病気にでもならない限り意外と少ないのではないでしょうか。ホルミシスでは、細胞レベルから体を活性化していくことができるため、健康になるということだけではなく、アンチエイジングや認知症予防などにも効果が期待できると言われています。ぜひ、基礎体温を上げるために効果的とされるホルミシスを、上手に取り入れていきましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る