ホルミシスでアトピーが治る?

アトピー性皮膚炎は子供はもちろん近年では大人でも悩まされている人が多くなってきているアレルギー症状です。かゆみや湿疹によって辛い思いをしている方が多く、様々な治療法があります。その中でもホルミシス療法による症状の改善に非常に注目が集まってきています。いったいどのような理由で症状がよくなるのか、そもそも原因となっているものはどのようなことなのかについても説明していきますのでアトピー性皮膚炎でお悩みの方や、身近で悩んでいる人がいる方などはぜひチェックしてみてください。

アトピー性皮膚炎とは?

そもそもアトピー性皮膚炎とはどのような病気なのでしょうか?症状としてはかゆみを伴う湿疹や赤み、腫れが繰り返し現れる病気です。症状があらわれる場所は同じ場所で、違うところに広がっていくのではなく同じところに繰り返し出てくるのが特徴です。また、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか完治に至らないという厄介な病気です。

赤みがある湿疹や腫れ、じゅくじゅくとした膿みを伴う状態、皮がむけてしまうなどの症状が出てきます。主に症状が出てくる場所としては目や口の周り、首元や脇、手足の間接部分などです。本来人間の肌には外部刺激や菌から肌を守るバリア機能がありますが、その機能が正常に働かなくなると細菌に感染しています。バリア機能が落ちてしまっている状態が続くために、一旦症状が良くなったとしてもまた細菌に感染してしまって症状が悪化してしまうのです。遺伝的にアレルギー素因を持っている人などアレルギーを起こしやすい体質の方がかかりやすい病気です。

アトピー性皮膚炎をおこす原因

アトピー性皮膚炎を引き起こす原因はまだはっきりとは分かっていないというのが実際のところですが、考えられる要因というものはあります。まずはもともと遺伝的、体質的にアレルギーを引き起こしやすい体質であるということです。本人や家族がアレルギー疾患を患っていたり、IgE抗体を作りやすく、アレルゲン物質に対して反応しやすい体質であるアレルギー素因を持った人は症状が出やすいです。

その他にも心身に過度のストレスが与えられたり、非常に疲れが溜まっていたり、寝不足が続いたりということがあると皮膚の外部の細菌や刺激から守るという機能が低下して細菌に感染しやすくなってしまいます。こういったこともアトピー性皮膚炎の原因となります。また、ハウスダストやダニ、カビが原因となっている場合もあります。家の中には多く存在していますので、それに慢性的に接触していると症状が出てしまうということもあります。

ホルミシスでアトピーがよくなる理由

ではなぜホルミシス療法によってアトピー性皮膚炎の症状が改善されるのでしょうか?それは、アレルギーの原因とされている活性酸素を取り除くことができるからです。ホルミシス療法を受けて低線量の放射線を浴びることによって体内にある酵素が活性化されます。活性酸素を除去するためには、沢山ある酵素の中でも非常に効力の強いSODという酵素が重要になります。放射線はこのSODも活性化して増加させてくれますので、アレルギーの原因を取り除くことが出来るのです。

また、免疫細胞を活性化することも出来ます。免疫細胞にも色々な役割りがあるのですが、細菌に感染してしまった細胞を除去するものもあります。様々な種類の免疫細胞が組み合わさって働くことによって、免疫力を高めることができるのです。そして免疫力が高まると、結果的に外部の細菌に対して強くなり、アレルギーを改善するということにも繋がるのです。

まとめ

アトピー性皮膚炎は何度も症状が繰り返してしまい、なかなか根本的には改善することが出来ません。かゆみや湿疹が続きますので、辛いですしストレスも非常に大きな疾患です。投薬治療をしても改善が見込めない、一度良くなってもまたすぐに症状が出てしまうという方はホルミシス療法を試してみることをおすすめします。

放射線を浴びるというと敬遠してしまいがちですが、低線量のものであれば逆に体内の細胞を活性化させることが出来ます。アレルギーの原因となる活性酸素を除去するための酵素を増やしたり、免疫細胞を活性化させて免疫力を増やすことによって表面的な改善だけではなく、身体の中から改善していくことが出来るのです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る