ホルミシスで女性ホルモンは増える?

ホルミシス(hormesis)は、ホルモン(hormon)と語源が同じだと言われています。このことからも、この2つには何らかの関係がありそうですね。では、ホルミシスによってホルモンを増やすことは可能なのでしょうか。こちらでは、女性ホルモンの定義や、それが増えるメリット、ホルミシスとの関係についてご説明します。ホルモンバランスの乱れによる不調に悩む多くの女性にお読みいただきたいと思います。

 

女性ホルモンとは?

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがあります。前者は女性らしさをつかさどり、後者は妊娠に必要です。エストロゲンは20代後半から30代前半にかけてピークに達し、30代後半から減少していきます。卵巣の機能の低下や加齢によって、生理痛、生理不順、更年期障害など、女性は様々なトラブルが起こりやすくなります。
また、ストレスや過度なダイエットなどもホルモンバランスを乱す原因だと言われています。また、このホルモンは、肌や髪のハリとつや、骨にも深く関係しているため、減少するとシミやシワ、骨密度の低下などのトラブルにも見舞われる恐れがあります。
さらに、女性ホルモンは自律神経にも関係するため、減少することで気分が滅入ったり、イライラしたりとメンタル面でも支障をきたしてしまいます。また、プロゲステロンは妊娠に深く関係しています。このように、女性ホルモンは女性に深くかかわっていると言えます。

 

女性ホルモンが増えるメリット

女性ホルモンが増えることにより、体に適度な脂肪がついて女性らしい体つきになります。また、肌や髪に艶が出たり、シミやシワが改善したりする効果も期待できます。生理痛や生理不順といった月経困難症も改善されますし、メンタル面でも落ち込みやイライラなどを感じにくくなります。このように、女性ホルモンが増えるメリットは数多くあります。
「それなら、どんどん増やせばいいのね」と思ってしまいますが、実はそうではありません。例えばピルはホルモンバランスを整える働きがありますが、だからと言って閉経後の女性がピルを大量に飲んでもアンチエイジングに効果があるわけではありませんし、むしろ体に悪影響を及ぼす恐れがあります。睡眠リズムや食生活を整えてストレスをためない工夫をすることは、健康な体作りに欠かせませんが、薬で増やしたい場合は、医師とよく相談することが大切です。

 

ホルミシスで女性ホルモンは増える?

ホルミシス効果によって成長ホルモンや甲状腺ホルモンなど、およそ160のホルモンが活性化されるとも言われていますので、女性ホルモンを増やす効果も期待できます。実際にホルミシス療法を受けたことで、生理痛が改善した、お化粧のノリが良くなった、更年期障害が楽になったなどの利用者の声が寄せられています。
これらはホルミシスの効果だと考えられます。女性ホルモンは年を重ねるごとにどんどん減少していきますので、自然に増やすことは不可能です。そのため、ホルミシスなどで積極的に増やすことが大切なのです。
しかし、いくらホルミシスを体内に取り入れても、ストレスを抱えたままだったり、睡眠が足りていなかったり、乱れた食生活をしていたりすれば効果は半減してしまいます。十分な睡眠をとり、自分が興味のあることなどでストレスを発散する、栄養バランスの良い食事を摂るなどして体調を整えることも大切なのは言うまでもありません。

 

まとめ

女性の健康に欠かせない女性ホルモンは、非常にデリケートです。わずかなきっかけでホルモンバランスが乱れてしまいます。「忙しくて睡眠不足が続いていて、肌がガサガサ」「仕事のストレスが原因で生理不順になってしまった」という経験をされた方も多いでしょう。
このような症状も、ホルミシスで改善することが可能です。現代では若い女性でもホルモンバランスが乱れている人が多いと言われていますので、改善策の一つとしてホルミシスをお考えになってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
TOPへ戻る