ホルミシスのアイマスクで目の疲労回復

老若男女、目を酷使しまくる現代人。原因であるパソコンやスマホ、ゲームといった機器は、最早、日常生活に必要不可欠なものばかりです。この生活状況を変える有効な手立てはそうそう無いでしょう。だとしたら、せめて酷使した目を休養させる、疲労回復を図る工夫をしなければならないのでは…眼精疲労を始めとした眼病に立ち向かう為にも、早期に一手を講じる必要があると思えます。まずは病気の詳細を知る事が始めの1歩ではないでしょうか。

目を酷使する現代人がなりやすい目の病気

現代人は、子供から大人まで目を酷使していると言って過言ではありません。現代病の一つとして「VDT症候群」という新しい病気も増加してきました。VDT症候群とは「ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル」の略で、パソコンなどのディスプレイを長時間使用する事で目や体に影響が出てしまう病気です。

パソコンやスマホ、ゲーム機などは現代の日常生活から切り離せない為、知らず知らずの内に目の疲れ、目の痛み、目の乾燥、目のカスミ・ぼやけ等が起き始め、結果として近視、角膜炎、結膜炎、ドライアイ、眼精疲労等の病気に繋がります。

これらの病気は目眩、頭痛、吐き気、肩こり、首痛、ダルさ等も引き起こし、重症化すると背痛や手指の痺れも伴い、更には精神的イライラや不安感、うつ状態に至る事もあります。つまり日常生活に支障が起こる可能性があると言う事です。

飛蚊症の原因とは?

飛蚊症とは「蚊が飛ぶ」という意味の現象であり、目の前で蚊やゴミが浮遊している様に見える症状が起こります。これは眼球の大部分を占めるゼリー状の「硝子体」に濁りが生じ、硝子体の後ろ部分を囲む網膜に影となって映ってしまう為、影が蚊やゴミに見える訳です。

特に加齢の代表的症状と言われ、老化と共にゼリー状の硝子体が液体に変化し縮む為、網膜から剥がれてしまう「硝子体剥離」が起きて飛蚊症を引き起こすとされています。強度の近視の場合は、若い人でも早期に硝子体剥離が起こり飛蚊症になる事もあるそうです。

ほとんどが病気ではなく生理現象だそうですが、只、飛蚊症の急激な変化が見られる時は失明を伴う病気の場合がある為、注意が必要です。硝子体の老化現象は活性酸素による酸化が原因で、酵素の減少が要因であろうとも言われています。

ホルミシスアイマスク「シエル」の特徴

ホルミシスとは「刺激」という意味で、1982年にナサの医療顧問でありミズリー大学・生命科学の教授であるラッキー博士が「放射線ホルミシス」と名付け「微量の放射線は生命にとって有益である」という見解を示しました。その効果は免疫機能の向上や身体の活性化などを始め様々な身体への有益性をもたらすとして今や世界中の医療、健康保持に活用されています。

そのホルミシス効果を謳ったアイマスク「シェル」は高質のラジウム鉱石(微弱の放射線治療の温泉等で有名)をふんだんに使用した業界最高ランクのパワーを持つ逸品。1点1点が全てオーダーメイドのタフで丁寧な手作り品であり、疲れ目予防や快眠の高い効果が期待できます。

頭や首に併用できて手軽に目の休養が保てる他、老眼の進行防止や頭痛を軽減し、スッキリとした気分で仕事や勉強の効率アップを図れると評判です。

まとめ

現代人が掛かりやすい眼病、その症状や要因等を解説致しましたが、それらを知る事は大切な1歩であるとして、更に大切なのはそれを踏まえて予防して行く事だと思います。予防が未病への一番の解決策だと考えるからです。「見る」と言う事は仕事や勉強、もちろん遊ぶ為にも非常に大切な事です。かすみやボヤケがでてしまっていては、満足の行く結果は得られない事だってあるでしょう。

そう考えますと、現代においては大人から子供まで目を大切にする為の努力は必要不可欠な事となっているのかもしれませんね。ここではアイマスクを紹介致しましたが、参考になれば幸いです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る