ホルミシスを利用した冷え・低体温の治療方法

夏の快適なエアコンや冷たい飲み物、冬の冷え込みなど、私たちの周りには年中通して体を冷やす環境があり、それらによって冷え性などに悩む方は特に女性に多いのではないでしょうか。暖房や防寒アイテムなど様々な対策を試してみても、体の芯から冷えていて中々解消されないという声も多く耳にします。

そんな冷えや低体温に対抗するためには、根本的な体質改善によって本来体が持つ働きを高めることが大切です。このサイトでは、そんな冷え性の治療方法としておすすめのホルミシス効果を紹介します。ご自宅で実践できるものから定期的に行える本格的メンテナンスなど、幅広い方法をまとめました。

 

女性に多い冷え性、低体温

いくら着込んでも足が冷えきっていて寝れない、体が冷えて肩こりがひどいなど、冷え性は連鎖的に様々な体の不調をもたらします。冷え性や低体温を引き起こす原因の一つとして筋肉量が挙げられます。

筋肉には熱を作り出す機能があるため、特に筋肉量が少ない女性は、男性よりも身体を冷やしてしまいがちです。夏場のエアコンによる室内温度において女性と男性で体感温度が異なるのにはこのような理由もあるのです。

また、女性は生理によって腹部の血の巡りが悪くなることや貧血になりやすいことで、冷えを引き起こしているとも言われています。もちろん運動不足やストレス、動脈硬化などによって女性だけでなく男性や高齢者も辛い冷え性を抱えている方もいらっしゃいます。

 

ホルミシスが冷えに効く理由

ホルミシスは、ラジウム温泉などでも知られる微量の放射線を体内に取り込むことで体の不調を改善する働きです。大量の放射線を浴びることは身体に有害ではありますが、少量に制限をした上で使用することで身体の血流やリンパの流れを高める効果があると言われています。それだけでなく、ホルモンの分泌バランスを正常に保つ効果もあるため、特に女性には嬉しい効果です。

血流が良くなることによって心臓から暖かい血液が全身に流れることになるため、その結果身体が内側から温まります。そして血液が全身に行き渡るということはそれだけ体内に新鮮な酸素が届けられるということにもなるため、運動によって体温を高める場合にも効率的に作用すると言えます。

 

ホルミシスを使った治療法

ホルミシスを使った治療法としておすすめなのがホルミシス岩盤浴です。これは全国の温泉施設やサロンで体験ができる治療法です。先ほどご紹介したホルミシスの効果に加え、身体を芯からじっくりと温める働きがある岩盤浴と合わせて行うことができるため、一石二鳥の効果が期待できます。適切な放射線濃度が保たれた環境で自由にゆったりとした時間を過ごすだけなので、激しい運動も必要なく、無理なく治療することができます。

もう一つご紹介したいのは、ご自宅でも気軽に行えるホルミシスクリームによるマッサージです。ラジウム鉱石の成分を含んだクリームを、冷えが気になる箇所やリンパに使用することでその効能を得られるため、どなたでも簡単に取り入れることができます。毎日継続的に行えるというのも体質改善を目指す上では重要なポイントなので、ぜひ取り入れてみてください。

 

まとめ

辛い冷え性や低体温を改善するためには、身体の外側のケアだけでなく内側の芯からしっかり温めていくことが大切です。今回ご紹介したホルミシスを活用することで、人間が本来持つ自然治癒力が高まり体質改善が期待できます。

体質が変わることで体温がアップすることはもちろん、細胞の活性化や脂肪の燃焼といった効果も出てくるため、冷え以外にも美肌効果やダイエットにも繋がります。一石二鳥のホルミシスを、ぜひ体験してみてください。

この記事をシェアする
TOPへ戻る